カスタムパレット

これは従前の記録です。パレットとワークスペース をご参照ください。

パレット は様々にカスタマイズできます。個別のパレットを作成 / 削除したり、 マスターパレット やスコア上の要素を加えることができます。ひとまとまりのパレットを ワークスペース と呼びます。複数のワークスペースを作ることができますし、それらの切り替えは容易です。

コンテクストメニューにアクセスできるのは、カスタムワークスペースのパレットのみですから、まずあなた自身のワークスペースを作成しなくてはなりません。

パレットのタイトルを右クリックするとパレットメニューが現れます。

メニューでは次の作業が可能です。:

  • パレットプロパティ: これを選択すると、パレットプロパティダイアログが開きます。:

    Palette Properties

    "さらに要素を表示する" チェックボックスもあります。

  • 新しいパレットの挿入: 空のパレットを新たに設けます。そこにはマスターパレット、他のパレット、あるいはスコアの要素を加えることができます。

  • パレットを上に移動: そのパレットをパレットリストの上に移動します。
  • パレットを下に移動: そのパレットをパレットリストの下に移動します。
  • 編集可能: パレットの内容を変更するには、このチェックボックスをチェックします。知らずに変更を加えることが無いよう、編集の既定値はオフです。
  • パレットの保存: ファイルダイアログを開き、パレットをファイルにして保存します。
  • パレットの読み込み: ファイルダイアログを開き、パレットのファイルを読み込みます。
  • パレットを消去

パレットリストの下部を右クリックするとパレットコンテキストメニューが開きます。そのメニューでパレットの挙動を変えることができます。

  • シングルパレットモード: これをチェックすると、パレットは一つだけ開くことができます。

また、パレットの空白部分を右クリックして、 "その他の要素..." を追加できます。

Show More

(パレットのプロパティで、関連項目をチェックしている場合に可能)

パレットをカスタマイズ

ワークスペース を作っていて該当するパレットの編集を有効 (上の(#menu) をご参照)にしていれば、例えば テキストフレット図イメージ といった要素をスコア上でカスタマイズし、それをどれでも指定するパレットに収録保存することができます。加えて、マスターパレット から追加したものを、通常のパレットに加えることもできます。

記号を マスターパレット から追加するには:

マスターパレットを開いてそこにある要素を、編集を有効にしてあるカスタムパレットにドラグします。

スコア上でカスタマイズした要素を追加するには:

Ctrl+Shift (Mac: Cmd+Shift) を押したまま、スコア上のその要素をパレットにドラグします。

参照

Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.