反復記号(1番括弧、2番括弧)

    反復番号括弧、あるいは1番括弧・2番括弧は、繰り返しでの異なる終わり方を記すために使われます。

    Sample first and second endings

    スコアに反復番号括弧を加えるには

    次のいずれかの方法を使います:

    • 該当する小節を選択し、 線のパレット の記号をダブルクリック
    • 線のパレット の記号をドラグ・アンド・ドロップし、必要に応じて長さを調節(下記ご参照)

    対象となる小節数を変更するには

    1. その反復番号括弧をダブルクリックして 編集モード に入る。右端のハンドルが自動的に選ばれた状態になります。
    2. 右に動かすには Shift+ を押します。左に動かすには Shift+ を押します。

    : Shift< を使ったコマンドは、その反復番号括弧の 再生 の開始と終了を変更するにとどまります。視覚的 な開始と終了位置を細かく調整するには、キーボードの→ コマンド を使うか、マウスでハンドルをドラグしますが、この方法は再生のプロパティを変えることはありません。

    開始や終了のハンドルを選択すると、譜表上の アンカー 位置につながる破線が表示されます。このアンカーが反復番号括弧の再生の開始と終了の位置を示しています。

    Second-ending volta in edit mode

    テキスト

    反復番号括弧のテキストや他のプロパティを、線のプロパティのダイアログで変更できます。反復番号括弧を右クリックして 線のプロパティ...を選びます。次の例では、反復テキストは "1.-5." の表示となっています。

    Line Properties dialog

    Sample first-through-fifth ending followed by sixth ending

    また、反復番号括弧を右クリックし、反復のプロパティのダイアログを表示させることもできます。そこから、表示される反復テキスト (上記の線のプロパティの場合と同じ) と反復一覧の両方を変更することができます。一つの反復番号括弧をある特定の場合に繰り返し、他の反復番号括弧はそれ以外とするには、繰り返しの回の数をコンマで区切ってリストにします。下の例では、この反復番号括弧は 1, 2, 4, 5 と 7 回目の繰り返しで演奏されます。他の反復番号括弧は別の終わり方であり、 3, 6 回目と、おそらくは 8, 9, といった場合に繰り返されるのでしょう。

    Volta Properties dialog

    再生

    繰り返し再生が2度を超える場合もあります。上記の場合、反復テキストは5回演奏してから次に続くことを示しています。MuseScoreが繰り返し再生する回数を変更したい場合、繰り返しを終える縦線のある小節に行き、反復カウント を変更します。(詳細は 小節の操作: プロパティ、その他 を参照)

    Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.