編集モード

Updated 4 ヶ月 ago
この翻訳は古くなっています。英語版を見て参考にしてください。: Edit mode

    編集モード ではスコア上の各要素個別に各種編集を行うことができ、例えば、

    • スラー、線、縦線などの長さや形の調整
    • テキストオブジェクトの中でテキストの追加、削除、フォーマット調整
    • テキスト を除く ほとんどの スコア要素の位置を調整

    編集モードに入る/抜ける

    編集モード に入るには、次のいずれかを使います。

    • 要素をダブルクリックする。
    • 要素を右クリックし、表示されたメニューで 要素の編集 を選択する。
    • 要素をクリックし、 Alt+Shift+E を押す。

    編集モード を抜けるには、次のどちらかを使います。

    • Esc を押す。
    • 楽譜ウィンドウの空白部分をクリックする。

    テキスト

    テキスト編集モード については、テキスト編集 をご参照ください。

    線: 長さの変更スラーの調整 をご参照ください。

    音符

    オフセット

    音符を左右に移動して、他の要素との重なり合いや自動で 符頭の共用 されるといったことを避けたい場合があります。

    1. そうしたい音符で 編集モード に入り、
    2. 左右矢印キーを使ってその音符を望む方向に突き動かし (より大きく動かすには Ctrl+Ctrl+ を使います。
    3. Esc キーを押します。それにより符幹が再度描かれます。

    代替の方法として、符頭を選択し、インスペクタ "コード" セクションの "オフセット"で変更します。

    符幹の長さを調整

    1. そうしたい音符で 編集モード に入り、
    2. 下記の キーボードショートカット を使って符幹を伸ばし/縮めます。
    3. 編集モードを抜けます。

    代替の方法として、符幹を選択し、インスペクタ "符幹" にある "線の長さ" で変更します。

    符幹を 元の位置に戻す には、その符幹を選択し、インスペクタ の "要素" セクションの "自動配置" にある "オフセット" の X や Y の設定を調整します。

    キーボードショートカット

    編集モード にあっては、次のキーボードコマンドを使って、(1) 装飾や臨時記号などの スコア要素 や、(2) スラーや線などでの 調整ハンドル の位置を変更することができます。

    • : 左に 0.1 譜表スペース (sp) 移動
    • : 右に 0.1 sp 移動
    • : 上に 0.1 sp 移動
    • : 下に 0.1 sp 移動
    • Ctrl+ (Mac: +): 左に 1 sp 移動
    • Ctrl+ (Mac: +): 右に 1 sp 移動
    • Ctrl+ (Mac: +): 上に 1 sp 移動
    • Ctrl+ (Mac: +): 下に 1 sp 移動
    • Alt+: 左に 0.01 sp 移動
    • Alt+: 右に 0.01 sp 移動
    • Alt+: 上に 0.01 sp 移動
    • Alt+: 下に 0.01 sp 移動

    以下のコマンドは ハンドルの調整 にだけ適用できます。

    • Shift+: 終端ハンドルのアンカーを 1 音符/休符分、左に移動
    • Shift+: 終端ハンドルのアンカーを 1 音符/休符分、右に移動
    • Tab: 次のハンドルへ進む

    すべての編集を元に戻すには、編集モードに いない ことを確かめ、Ctrl+R を押します。

    参照

    Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.