譜表の種類を変更

Updated 9 ヶ月 ago

    譜表の種類を変更 の記号を小節に加え、そのプロパティをインスペクタ で調整すると、譜表の途中でその外観を変えることができます。

    "譜表の種類を変更" を加える

    1. スコアの中の小節を選択し、"テキスト" パレット の中の "譜表の種類の変更" の記号 Staff type change symbol をクリック(Ver.3.4 以降 / 3.4 より前はダブルクリック)します。あるいは、"譜表の種類を変更" の記号を小節へドラグします。
    2. 小節に加えたその記号を選択し、インスペクタ でそのプロパティを以下説明のように調整します。

    "譜表の種類を変更" プロパティ

    インスペクタで "譜表の種類を変更" のプロパティを変えると、新たな設定値が譜表のプロパティ によるスコア全体に対する設定値に先んじて適用されます。"譜表のプロパティ" での設定値の内、"譜表の種類の変更" により変更されないものだけが、スコアを通して有効です。

    インスペクタの "譜表の種類の変更" で変更できるプロパティは次の通りです。

    オフセット
    変更した譜表をどれだけ上下移動するか: 設定は spaces 単位 (表示 sp) で行います。

    小譜表
    このボックスをチェックすると、譜表が小さいサイズになります。

    大きさ
    譜表と関連する要素のサイズを変更する割合です。

    譜線
    その譜表で表示される譜線の数です。

    譜線の間隔
    2本の譜線の間隔で、spaces 単位 (表示 sp) です。

    ステップオフセット
    音符表示を上または下に何段階ずらすかを設定します。

    縦線を表示
    小節の縦線を表示するかどうか。

    加線を表示
    譜表の譜線を超える音符に対して、加線を表示するかどうか。

    符幹なし
    音符を符幹なしで表示するかどうか。

    符頭スキーム
    表示する符頭スキームを選択します。

    音部記号作成
    その譜表に音部記号を表示するかどうか。

    拍子記号の作成
    その譜表に拍子記号を表示するかどうか。

    調号の作成
    その譜表に調号を表示するかどうか。

    譜表の種類を変更 使用の例として、下の譜表は次のステップを使って作成したものです。
    1. 第2小節に "譜表の種類を変更" を適用
    2. "小譜表" に設定
    3. "譜線" を4本に設定
    4. 第3小節に2つめの "譜表の種類を変更" を適用
    5. "譜線" を7本に変更

    Staff Type Change example

    その後 譜表のプロパティ を使って、スコア全体の譜表プロパティを変更しました。
    1. "譜線" を2本に設定
    2. "譜線の色" を変更

    Staff Properties change, example

    見ての通り、"譜線" の変更は "譜表の種類を変更" での設定の範囲で有効ですが、"譜線の色" の変更は、スコアを通して有効です。

    Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.