パレットとワークスペース

パレットとは、関連する音楽記号をグループにして保存する場所です。パレットを集めたものを ワークスペース と呼び、初期設定で画面の左端に位置しています。必要に応じて取り外したり、サイズを変えたり、別の場所にドラグしたりできます。元のサイズのまま画面の右端を定位置にしたり、半分にして インスペクタ とスペースを分け合うといったこともできます。

MuseScore には予め 2 つ ワークスペース が用意されていて、 基本 (初期設定されていてパレットの数も各パレットの内容も少なめ) と アドバンス です ( → 下記ご参照)。

表示パレットショートカット F9 (Mac: fn+F9) で、ワークスペースのオン・オフを切り替えることができます。

パレットの利用

パレットの表題をクリックすると内容が表示されます。パレットの記号をスコアに適用するには、

  • 対象とするスコアの要素を選択してパレットの記号をダブルクリックするか、
  • 記号を譜表の対象となる場所にドラグ・アンド・ドロップします。

例として、テヌート記号 (-) を一連の音符に一挙に加えるには、

  1. 最初の音符をクリックし、Shift を押しながら最後の音符をクリックして、一連の音符を選択し、
  2. "アーティキュレーションと装飾" のパレットにある、テヌート記号をダブルクリックします。

パレットに他の音楽記号を加えるのは、カスタムパレット を参照してください。

ワークスペース

MuseScore には予め アドバンス基本 の2つのワークスペースが用意されていて、"基本" は "アドバンス" から一部パレットや記号を除いた縮小バージョンです。 そのどちらかを、ウィンドウ左下のパレットの下にあるドロップダウンメニューを使って、選びます。

animated gif showing how to switch between basic and advanced palette

カスタムワークスペース

既存のワークスペースを選択してあなた独自の カスタムワークスペースを作ることができます。ウィンドウ左下にある + ボタンをクリックし、新規ワークスペースの名前を入力します。新規ワークスペースは、+ ボタンをクリックした時点で使用していたワークスペースを基とします。そのワークスペースでは、パレットや記号を自由に編集できます。

カスタムワークスペースの中で、パレットの表題を右クリックすれば、次のことが可能です:

  • 新しく空のパレットを挿入する
  • パレットを上下に移動して順番を入れ替える
  • パレットを保存する
  • パレットを読み込む
  • パレットを削除する
  • パレットのプロパティを参照する ("さらに要素を表示する" のチェックボックスも利用できます)

用意されているパレット

フル装備に近い アドバンスワークスペース は、次のパレットを含んでいます。

マスターパレット

アドバンスワークスペースのパレットに無い音楽記号は マスターパレット にあり、ZShift+F9 (Mac: fn+Shift+F9) を押すと表示されます。

参照