音符の入力

音符入力の基本

譜表に音符や休符を入力する方法の基本的なステップ:

  1. 音符を入力を開始する位置を選択します。
  2. "音符入力"モードを選択します
  3. 入力したい音符や休符の音価を選択します。
  4. キーボードやマウス、MIDIキーボードを使って音高を入力します。

開始位置や終了位置がずれている音符(和音)の入力方法は、声部を御覧ください。

ステップ 1: 開始位置

最初に、音符入力を開始する位置の音符または休符を選択します。MuseScoreの音符入力は、小節の中に既に存在している音符や休符を新しい音符で置き換えるという手法です(すなわち、挿入ではなく上書きです)。ただし、小節は任意の位置に挿入したり(小節の操作: 挿入を参照してください)、または、コピーと貼り付けを使用して音符の一節を移動することができます。

ステップ 2: 音符入力モード

ツールバーの「N」ボタンは「音符入力モード」ボタンで、現在の音符入力モードの状態が表示されます。ボタンのオン・オフ状態はキーボードのNキーで切り替えられます。音符入力モードの解除はEscキーでも可能です。

ステップ 3: 音価

音価は音符入力モードにしたあと、音符入力ツールバーもしくはショートカットキーで選択します。
不規則なリズムの音符(2拍目までに8分音符3つなど)は連符を御覧ください。

音価のショートカットキー:

  • 1: 64分音符 (hemidemisemiquaver)
  • 2: 32分音符 (demisemiquaver)
  • 3: 16分音符 (semiquaver)
  • 4: 8分音符 (quaver)
  • 5: 4分音符 (crotchet)
  • 6: 2分音符 (minim)
  • 7: 全音符 (semibreve)
  • 8: 倍全音符 (breve)
  • 9: 四倍全音符(longa)
  • 0: 休符
  • .: 付点

ステップ 4: 音高の入力

すべての楽器(ピッチを持たない打楽器を除く)において、譜表上をマウスで直接クリックすることで音の高さを入力することができます(打楽器はドラム記譜を参考にして入力してください)。しかしながら、MIDIキーボード(下部)や文字入力に使うキーボードを使うとより素早く入力できます。次の例は後者のものです。

文字入力用のキーボードを使って音高を入力: C D E F G A B C

Notes: C, D, E, F, G, A, B, C

0 (ゼロ)は休符: 例として、C D 0 Eと入力すると以下のようになります。留意点として、音価は音符入力で選択しているものと同じになります(この例では四分音符ですが、休符にすると四分休符になります)。

C, D, rest, E

音符入力中は、カーソルが自動的に次へ進行します。もし、さらに和音を入力したい場合はShift を押しながら構成音を追加していきます。次のように入力すると以下の譜例のようになります。: C D Shift+F Shift+A E F

C, D minor triad, E, F

和音入力の際、異なった音価の音符を同時に記述する方法は声部を参照してください。

付点がある音符を入力するには、 .キーを押します。 以下、入力したものを例として示します。 5 . C 4 D E F G A

Dotted quarter note: C, eighth notes: D, E, F, G, A

MuseScoreではキーボードを使って音符を入力するとき、直前の音符の音高に基づいてオクターブの位置が自動的に設定されます。和音入力や新しい音符を入力するとき、基本的には現在の音符より高い方向に追加されます。
もし、間違った位置に入力されてしまう場合、下のショートカットキーでオクターブを変更できます。:

  • Ctrl+ (Mac: +): 1オクターブ上に入力されるようになります。
  • Ctrl+ (Mac: +): 1オクターブ下に入力されるようになります。

その他のショートカットキー

他にも音符入力モードで利用できる便利なショートカットキーがあります:

  • (上): 選択されている音符の音高を半音上げます (♯をつける際にも使えます)。
  • (下): 選択されている音符の音高を半音下げます(♭をつける際にも使えます).
  • Shift+: 調号を反映してダイアトニックで上方向に移動します。
  • Shift+: 調号を反映してダイアトニックで下方向に移動します。
  • J: 異名同音記譜を切り替えます。
  • R: 音符入力モードの時、(最終位置で選択した)音符を複製します。
  • Q: 音価を半分にします。
  • W: 音価を倍にします。
  • Backspace: 最後に入力した音符を削除します。
  • X: 符尾の方向転換します。
  • Shift+X: 符頭の位置を反転します。

MIDI キーボード

MIDIキーボードを使って音符を入力することもできます。

  1. MIDIキーボードを接続しコンピュータで使用可能な状態にしておきます。
  2. MuseScoreを起動します。
  3. 新しいスコアの作成へ進みます。
  4. 開始する小節の、入力したい位置の休符を選択します。
  5. Nキーを押して音符入力モードにします
  6. 音価を選択します。例えば5を押すと4分音符が選択されます。詳細は 上部を御覧ください。
  7. MIDIキーボードで入力したい音を押します。

これで、MIDIキーボードで押した音がスコアに入力されます。

注意: MIDIキーボードでは単音入力または同時打ちで和音を入力できます。この入力モード(多くの場合「ステップ入力」と呼ばれる)は高速かつ高い信頼性があります。いくつかの楽譜作成ソフトでは、演奏をそのまま記録する「リアルタイム入力」と呼ばれる機能を搭載する製品がありますが、一般的にこの方法はスコアを作るという意味では不向きで、正確な譜面を起こすことができません。MuseScoreでは譜面の正確性を重視して「ステップ入力」を採用しています。

複数台のMIDI機器が接続されている場合、MuseScoreで使用する装置を選択する必要がります。手順は、メインメニューから 編集環境設定... (Mac: MuseScore環境設定...)と進みます。環境設定ダイアログでは、I/Oタブを開き、”PortAudio"となっている部分の設定を使用するMIDI機器に変更してください。

演奏可能音域外の音符への色付け

演奏可能音域内の音符は黒の音符で表現されますが、通常の音域を超えている音符は赤で表現されます。いくつかの楽器では奏者の技術次第で演奏可能な音域が違うため、この場合は、初心者やアマチュアレベルでは演奏困難な音域を暗い黄色で、プロでも通常演奏できない音域は赤で表現されるように設定されています。

この色付けは、画面上での確認用であるため、印刷する場合は通常の色(黒)になります。音符への色付けを停止するには、メインメニューから 編集環境設定... (Mac: MuseScore環境設定...)と進み、音符入力 タブを開きます。そして、"使用可能な音域外の音符に色を付ける"のチェックを外します。

小音符

  1. 小さくしたい音符を選びます。
  2. インスペクタウィンドウで"小"と書かれている部分のチェックボックスをチェックします(和音全体を小さくする場合は"コード"、特定の音符だけ小さくする場合は"音符"の部分にあるチェックボックスです)。
    すべての小音符(特殊なものであっても)に関する書式設定は、メインメニュー、スタイル → 一般 → サイズから行うことができます。

注意: インスペクタでの小音符設定は、"音符"の項目で小音符設定した場合符頭のみ小さくなります。"コード"の項目で小音符設定したものは符頭、符幹、符尾、連桁など全体として小さくなります。

音符のプロパティ

音符の変更 (リズムを変えずに)

もし、一つの音符だけの場合はその音符を選択し、マウスかキーボードで変更するのが最良の方法です。
もし、それ以上の音符をリズムを変えずに変更する場合は、移調する(間隔が厳密に同じとき)か音高の再配置(リピッチ)モードが使えます。

臨時記号がおかしいと思う場合は、臨時記号の再配置モードを試してください。
(臨時記号: 臨時記号の再配置).

参照