マスターパレット

マスターパレットを使うと、カスタムパレットに追加することができる全ての要素にアクセスできますし、拍子記号や調号を独自に作ることもできます。

表示マスターパレット と進むか、 Shift+F9 (Mac: fn+Shift+F9) のショートカットキーを使います。

Master palette

各アイテムの上をマウスでなぞると、黄色い背景に黒色で簡略なツール情報が表示されます。

記号

Master_palette_Symbols_jp.png

マスターパレットの 記号 セクションには数百の音楽記号が収録されていて、その一部は既定のパレットにもあります。マスターパレットから要素を開くか、キーボ-ドショートカットの Z を使ってスコアから直接開くことができます。

記号を探す

記号は音楽フォント別にまとめられていますので、ボックス右下にあるフォントメニューを使って Emmentaler、Gonville、Bravura のいずれかを指定します。検索ボックス にキーワードを入力すれば特定の記号を検索できます。

記号を使う

記号をスコアに入力するにはドラッグ・アンド・ドロップするか、音符か休符を選んでから記号をダブルクリックします。記号の位置調整はマウスでしたり、 インスペクタ で水平位置/垂直位置のオフセットを変更することで行います。インスペクタでは色や表示・非表示の設定も調整できます。

: マスターパレットの他セクションの要素とは異なり、記号セクションから利用する要素には位置決めのルールは適用されませんし、スコアのプレイバックには影響しません。

記号を結合する

記号セクションから利用する要素はスコア上の他の要素に次の手順で結合させることができ、そうすれば一体として移動が可能です:

  1. 一番目の記号をスコア上に適用し、必要な位置調整を行います。
  2. 二番目の記号をダブルクリックするか、一番目の記号の上にドラグ・アンド・ドロップし、必要な位置調整を行います。

一番目の要素をドラグすると二番目の要素がくっついてくるはずです。

参照

Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.