アーティキュレーションと装飾

Updated 1 年 ago
This is an archived handbook page written for Musescore 2
Navigate to the handbook page for Musescore 3: アーティキュレーションと装飾記号

    該当する記号は、アドバンス・ワークスペースの アーティキュレーションと装飾パレット にあります。:
    Advanced Articulations and Ornaments
    その省略版が基本・ワークスペースにあります。

    アーティキュレーション

    アーティキュレーション はスコアに加えられる記号で、音符やコードの演奏方法を示します。このグループの主な記号には次のものがあります。:

    • フェルマータ
    • スタッカート
    • メゾスタッカート / ポルタート
    • スタッカッーティッシモ
    • テヌート
    • スフォルツァート
    • マルカート

    擦弦楽器、撥弦楽器、管楽器などに特有のアーティキュレーションも含まれています。

    装飾

    装飾 には次のものが含まれています。:

    • モルデント、回転モルデント、プラルトリラー
    • トリル
    • ターン
    • ベンド

    注: 前打音/長前打音装飾音符 のパレットにあります。

    アーティキュレーション / 装飾を加える

    次のどちらかの方法を使います:
    * 一つあるいはある 範囲 の音符を 選択 してから、パレットの記号をダブルクリック
    * 記号をパレットから符頭にドラグ

    装飾に臨時記号を加える

    既に加えたトリルなどの装飾に臨時記号を適用するには:
    1. その装飾を加えた音符を選択し、
    2. マスターパレット特殊文字 セクションを開き、
    3. 該当の臨時記号を検索してスコアに適用します。(小さい臨時記号は、"figured bass" の用語で検索できます。)
    4. その臨時記号を必要な場所にドラグします。あるいは キーボードショートカットインスペクタ を使います。

    フェルマータを縦線に加える

    小節線を選択してパレットにあるフェルマータをダブルクリックすれば、小節線 に直接フェルマータを加えることができます。

    キーボードショートカット

    • スタッカート (トグルスイッチです): Shift+S
    • テヌート (トグルスイッチです): Ctrl+Alt+N (Mac: Cmd+Option+N)
    • スフォルツァンド/アクセント (トグルスイッチです): Shift+V
    • マルカート (トグルスイッチです): Ctrl+Alt+O (Mac: Cmd+Option+O)

    • 短前打音 (装飾音符)を加える: /

    MuseScore でのキーボードショットカットは、カスタマイズすることが出来ます。環境設定 を参照ください。

    記号の位置を調整

    アーティキュレーションや装飾をパレットから加えた直後はその記号は自動的に選択された状態になっていますから、キーボードでの次の操作で に移動できます:

    • 上下キーを押しての微調整 (1 回当たり 0.1 sp 移動);
    • Ctrl+ あるいは Ctrl+ (Mac: Cmd+ あるいは Cmd+) でより大きく上下移動 (1 回当たり 1 sp 移動)
    • 記号よっては符頭からの上下位置を反転することができ、X を押します。

    キーボードで 上下左右 へ移動するには:

    1. 記号をダブルクリックして 編集モード に入るか、
      記号をクリックして Ctrl + E (Mac: Cmd + E) を押すか、
      記号を右クリックして "要素の編集" を選択し、
    2. 矢印キーを押しての微調整 (1 回当たり 0.1 sp 移動)、あるいは Ctrl+Arrow (Mac: Cmd+Arrow) でより大きく上下移動 (1 回当たり 1 sp 移動)

    インスペクター を使って水平位置や垂直位置のオフセットを変更することもできます。複数の記号を一度に移動するには、それら記号を選択し、インスペクターでオフセットを調整します。

    注:記号をクリックしてドラグすれば位置を変更することができますが、細かく調整するには上記の方法が良いでしょう。

    アーティキュレーションのプロパティ

    アーティキュレーションのプロパティを設定するには、その記号をクリックし、インスペクタ で設定値を変更します。どのプロパティが画面に表示されるかは、アーティキュレーションの種類に異なります。方向やアンカー位置など他のプロパティは、その記号を右クリックして表示される 「アーティキュレーションのプロパティ…」を選択すれば設定できます。

    また、スコア全体の調整は、「スタイル…」→「一般…」→「アーティキュレーション、装飾記号」で行うことが出来ます。

    参照

    Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.