ファイルの回復

Updated 1 年 ago
This is an archived handbook page written for Musescore 2
Navigate to the handbook page for Musescore 3: Recovered files

MuseScore あるいはパソコンがクラッシュしたり、電源を喪失した場合などで MuseScore を再起動した際に、直前の状態に戻すかという確認画面が表示されることがあります。
Restore session dialog
いいえ をクリックすれば以前の状態は失われます。はい をクリックすると MuseScore はその時点で開いていたファイルの回復を試みます。

セッションを回復後、保存する大切さ

MuseScore がクラッシュ後に回復した時点でのファイルは、そのファイル名の前にそれに至るフル・パス名で名づけられています。そのとても長い名前がタブに表示されます。 オペレーション・システムによっては、この状態で回復されたファイルを保存しようとすると、プログラムが収納されているフォルダーに保存されることになります。そのスコアが作成された時点で保存された同じディレクトリである必要はありません。修正したファイルを通常のフォルダーに保存することができないこともあるかもしれません。

こういった状況を回避すべく、回復したファイルを最初に保存する際には ** "保存"** は使わないように。ファイルに変更を加える にメニューの "名前を付けて保存..." を使い、そのメニューから思うフォルダーやディレクトリを選び、本来のファイル名なり新しいファイル名で保存しましょう。 後刻そのファイルを見つけ出せるフォルダーに保存するというのが大切です。

回復したファイルを検索

回復したファイルを "名前を付けて保存..." ではなく "保存" とした場合、あなたのコンピューター上でそれらのファイルを探さなくてはなりません。コンピュータの O/S により、また MuseScore がインストールされているフォルダーにより、どこに保存されたのかは異なります。

Windows 7 のコンピュータで、MuseScore が初期値の x86 プログラムファイル・ディレクトリにインストールされている場合、回復したファイルはC:\Program Files (x86)\MuseScore2\bin に保存されているでしょう。

Windows 10 のコンピュータでしたら、C:\Users\[User Name]\AppData\Local\VirtualStore\Program Files (x86)\MuseScore 2\bin を覗いてみてください。

回復した直後に保存したファイルをコンピュータ全体に検索する必要がある場合、元々のファイル名やワイルドカードをキーワードとしたり、修正を加えた日付といったものも役に立つかもしれません。

参照

保存/エキスポート/印刷

How to recover a backup copy of a score

Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.