ベンド

Updated 1 年 ago
This is an archived handbook page written for MuseScore 2
Navigate to the handbook page for MuseScore 3: ベンド

    アドバンスワークスペースの アーティキュレーションと装飾 パレット にある ベンド・ツール bend_palette_sym.png を使えば、簡単なものから多段に複雑なものまで、通常の楽譜でもタブ譜でもベンドを作成できます。

    ベンドの適用

    ベンド記号を適用するには、次のどちらかの方法を使います:

    • 音符を選択し、パレットのベンドツールをダブルクリック
    • ベンドツールをパレットから音符にドラグ

    ベンドの編集

    ベンドを編集するには、次のどちらかの方法を使います。

    • 音符を右クリックし、"ベンドのプロパティ" を選ぶ
    • ベンドが選択されていることを確かめてから、インスペクタ の "ベンド" セクションの "プロパティ" をクリックします。

      bend_tool_graphic_jp.png

    ベンドプロパティ ウィンドウの左手側に、予め用意されているオプションが表示されています。上の図のようにベンドはグラフで表示され、濃い青色の四角は 操作点 で、それが灰色の線で結ばれています。グラフの傾きはベンドのタイプを表しています;

    • 上り坂=アップベンド
    • 下り坂=ダウンベンド
    • 水平線=ホールド

    縦の線 はベンドの程度をピッチの上下で表し、 1 単位は 1/4 音のベンド、2 単位で半音、4 単位では1音といった具合です。グラフの 横の線 はベンドの長さを表します。

    グラフ上に操作点を加えたり削除することで、ベンドを変化させられます。
    * 操作点を加えるには、空の交点をクリックします。
    * 削除するには、今あるポイントをクリックします。

    操作点を加えると、ベンドは 1 sp 分長くなり、削除すれば 1 sp分短くなります。ベンドの 開始終了 のポイントは上下にだけ移動可能です。

    高さの調整

    ベンド記号は譜表のすぐ上に表示されるよう、上下位置が自動調整されます。必要に応じて高さを減らすことができ:

    1. ベンドを始める音符に並行する音符を、より高い音高で作り、
    2. その高い方の音符にベンドを適用します。そうすることで、ベンド記号の高さを一番低くできます。
    3. ベンドの高さを増すには、その音符を下に移動します。
    4. そのベンド記号を正しい位置にドラグします。
    5. インスペクタ を使って、一番上の音符を非表示、且つ、非再生に指定します。

    位置の調整

    位置を調整するには、次のいずれかの方法を使います:

    • マウスでベンド記号をドラグ
    • ベンド記号をクリックし、インスペクタ で水平位置や垂直位置を調整
    • ベンド記号をダブルクリックするか、
      Ctrl + E (Mac: Cmd + E) を押すか、
      ベンド記号を右クリックして "要素の編集" を選ぶ。
      その後、矢印キーを使えは 1 回当たり 0.1sp の微調整、
      Ctrl+Arrow (Mac: Cmd+Arrow) 1 回当たり 1sp の調整が可能です。

    カスタムベンド

    スコアでベンドを作成した後に、それを将来使えるように保存しておくことができます。Ctrl+Shift (Mac: Cmd+Shift) を押しながら、その記号をパレットにドラグ・アンド・ドロップします。カスタムパレット を参照ください。

    Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.