音符入力モード

Updated 1 年 ago
This is an archived handbook page written for MuseScore 2
Navigate to the handbook page for MuseScore 3: Note input modes

    従来からの音符入力モードである ステップタイムリピッチ の2つに加え、version 2.1 では 新たな 音符入力 モードが利用できるようになりました。それらの機能は、音符入力ツールバーの音符入力ボタンの隣にある小さなドロップダウンメニューからアクセスできます。

    Note entry modes

    ステップタイム

    これは MuseScore が当初から採用している音符入力の方法です。マウス・キーボードを使い音価を選んでステップタイムモードに入り、マウス・キーボード・MIDI キーボード・バーチャルピアノを使って音高を指定します。

    より詳しくは 音符入力の基本 をご参照ください。

    リピッチ

    リピッチ モードでは、音符の音価を変更することなく音高を修正することができます。(臨時記号: 音高の変更 とは異なります。)

    1. 開始する位置の音符を選択します。;
    2. 2.1 より前の version を使用しているのであれば、 N を押して音符入力モードに入ります。version 2.1 以降では必ずしもそうしなくて差支えありません。
    3. 音符入力 ドロップダウンメニューから リピッチ のオプションを選択します。(2.1 より前の version であれば、音符入力ツールバーから); あるいはキーボードショートカットの Ctrl+Shift+I (Mac: Shift+Cmd+I) を使います。
    4. キーボード・MIDI キーボード・バーチャルピアノキーボード を使って、ピッチを入力します。

    リピッチ 機能を使えば、同じシークエンスの既存のフレーズをコピー・アンド・ペーストし、それをリピッチすることで新たなフレーズを作り出すこともできます。

    リズム

    リズムモードでは、キーを一度押すことで音の長さを入力できます。リズムとリピッチモードを組み合わせると、音符入力を効率的に行うことができます。

    1. スコア上の開始点を選択し、リズムモードに入ります。
    2. 音符入力ツールバーか、コンピューターのキーボードのショートカット (1 - 9) で音価をを選びます。音符はその選択した音価でスコアに追加されます。音符入力の基本 とは異なり、. キーを押すとそれ以降の付点のオン・オフを切り替えることができます。. キーが再度押されるまで、ずーっと付点付きになります。音符入力の基本 とは異なり、付点はリズムに入る前に押しておかなくてはなりません。
    3. 休符の入力は付点音符を加えるのに似ています。0 キーが休符入力のトグルスイッチです。0 キーが再度押されるまで、休符が入力されます。これは付点音符と並行して用いることができます。
    4. 音価のキーを押し続けることで、選択した音価の音符を入力することができます。
    5. リピッチモード を使って、加えた音符の音高を設定します。

    リアルタイム(自動)

    リアルタイム・モードでの基本は、MIDIキーボード (あるいは MuseScore の 仮想ピアノキーボード) で演奏し、それを記譜することができます。しかし、現時点では次の制限があることをご了承ください。:

    • リアルタイム入力に、コンピューターのキーボードを使うことはできない。
    • 選択した音価より短い音符や連符は入力できない。
    • 一時に一声部のみが入力可能。

    一方で、これらの制限により MuseScore の想定作業範囲が限定できることになり、リアルタイム・モードの信頼性を維持するのに役立っています。

    リアルタイムの自動バージョンでは、メトロノームのクリックに従った固定のテンポで演奏します。そのテンポは、メニューから: 編集環境設定...音符入力モード (Mac: MuseScore環境設定...音符入力モード) で調整できます。

    1. スコアの開始位置を選択してリアルタイム(自動)・モードに入ります。
    2. 音符入力ツールバーで音価を選択します。
    3. MIDIキー、あるいは仮想キアノキーを押し続けます。(スコアに音符が加えられます。)
    4. メトロノームのクリックを聞きます。クリック毎に選択した音価分、音符が長くなります。
    5. 要する長さに達したら、キーを放します。

    キーを放すと即座にスコアでの動きが止まります。休符を入力するなどスコアを次に進ませたい場合には、リアルタイム高度ショートカットReal-time Advance shortcut を使ってメトロノームを開始します。

    リアルタイム(手動)

    リアルタイムの手動バージョンでは、キーやペダルをタップしてあなたのテンポを示す必要があります。ただし、自由なスピードで良く、一定である必要はありません。 テンポを設定する初期設定のキー ("リアルタイムアドバンス" と呼びます) は10キーパッドの Enter (Mac: fn+Return です。が、これを MIDIキー あるいは MIDIペダル に変更することをお勧めします (下記 参照)。

    1. スコアの開始位置を選択してリアルタイム(手動)・モードに入ります。
    2. 音符入力ツールバーで音価を選択します。
    3. MIDIキー、あるいは仮想キアノキーを押し続けます。(スコアに音符が加えられます。)
    4. リアルタイムアドバンス・キーを押します。押す毎に音符の長さが選択した音価分、長くなります。
    5. 要する長さに達したら、その音符を終了します。

    リアルタイムアドバンス・ショートカット

    リアルタイムアドバンス・ショートカットは、手動のリアルタイム・モードにおいて拍を打つため、児童のリアルタイム・モードにおいてメトロノームの開始のため、に用いられます。 スコア上の入力位置を更に進めることから "リアルタイムアドバンス" と呼ばれます。

    リアルタイムアドバンス・キーの初期設定は10キーパッドの Enter (Mac: fn+Return), キーですが、 MuseScore の MIDI リモートコントロール を使って MIDIキー あるいは MIDIペダル に変更されるようお勧めします。MIDI リモートコントロールは、メニューから: 編集環境設定...音符入力モード (Mac: MuseScore環境設定...音符入力モード) と進みます。

    他には、USB型フットスイッチやコンピュータ・ペダルなど、キーボードでのキー操作ができるものがあり、それに10キーパッドの Emter キーの機能をさせることができるものがあります。

    参照{#see-also}

    Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.