運指

Updated 1 年 ago
This is an archived handbook page written for MuseScore 2
Navigate to the handbook page for MuseScore 3: フィンガリング

    色々な楽器で用いられる運指の記号は、アドバンスワークスペースの運指 パレット にあります。

    鍵盤楽器の楽譜では、左右の手の指を表すのに数字の 1-5 を使います。ギターの楽譜では数字の 0-4 を使って左手の運指を表し(時に T は親指として使われることも)、右手の運指は p, i, m, a, c で、○に囲んだ数字で弦番号を表します。おしまいにある5つの記号は古楽でのリュートの運指に使われます。

    Fingering palette

    • キーボード では左右の手の指を数字の 1–5 で表します。fingering positioner プラグイン を使うとピアノやキーボードの恩師をより良く入力できるでしょう。

    • ギター では左手の指を数字の 0–4 で表します(親指を表すのに T が使われることもあります)。右手の指には文字の p, i, m, a, c を使います。丸で囲んだ数字は弦を表します。

    • パレットの最後5つの記号は、リュート の運指を古楽的に表すものです。

    : タブ譜に運指の表示をするには、タブ譜の空白部を右クリックし、譜表プロパティ...高度なスタイルのプロパティ と進み、"フィンガリングの表示" にチェックを入れます。

    1つの音符に運指記号を加えるには__

    • 音符を選択し、パレットにある運指記号の一つをダブルクリックするか、
    • 運指記号をパレットから音符にドラグ・アンド・ドロップします。

    複数の音符に運指記号を加えるには

    1. 音符を 選択 し、
    2. パレットにある運指記号をダブルクリックします。

    運指記号の位置を調整するには

    1つの運指記号

    次のいずれかの方法を使います:

    • 0.1sp 単位の微調整には、矢印キー; 1sp 単位の大調整には Ctrl+矢印キー
    • 水平位置や垂直位置のオフセット値の変更は インスペクター
    • マウスで記号をドラグ

    複数の運指記号

    複数の運指記号の位置を変えるには:
    _
    1. それらの運指記号を 選択 し、
    2. インスペクター で水平と垂直のオフセットを調整する。

    : 上に記載した fingering positioner プラグインを使えば、ピアノの運指のレイアウトがより良くなるでしょう。

    記号を既定位置に戻すには、それを選択して Ctrl+R を押します。

    運指のテキストを編集する

    運指はテキスト型の記号ですから、他のテキストと同じように 編集 することができます。記号を右クリックすれば各種のオプションが表示されます。

    Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.