合奏調(実音)

最終更新は 1 年前

スコアの表示を、記譜された音高合奏調(実音) のどちらにするかを選べます。 記譜した音高は、印刷されたものを音楽家が読む際に見るはずのスコアを表します。 でも、記譜中は、移調楽器 が移調ではなく 実際に響く実音 で表示されていると便利な場合があります。 この場合は、"合奏調(実音)" オプションを選択してください。

スコアの表示を 記譜された音高合奏調(実音) かに切り替えるには、ツールバー の右上にある 合奏調(実音) ボタンを押します。 このボタンが強調表示されているときは、スコアは合奏調(実音)です。

スコアを印刷、PDFへエクスポート、オンライン保存したりする場合には、事前に、合奏調(実音) ボタンがオフであり、各パートが正しい調号になっているのを確認する必要があります。

参照

まだ解決していない質問がありますか? 質問を投稿するにはまずログインしてください