テキスト編集

    テキスト編集モード

    テキスト 編集モード に入るには
    ・テキストをダブルクリックするか
    ・テキストを右クリックして "要素の編集” を選択するか、
    ・テキストをクリックして、Ctrl + E (Mac: Cmd + E) を押します。

    Sample text in edit mode

    形式と入力のオプションは画面の下の方にある テキスト・ツールバー から利用できます。

    Text toolbar

    編集モードを抜けるには:

    • Esc を押すか、
    • 編集ウィンドウの外にあるスコアの部分をクリックします。

    編集コマンドとキーボードショートカット

    テキストの 編集モード では、次のコマンドが使えます。:

    • Ctrl+B (Mac: +B) 太字 をオン・オフ
    • Ctrl+I (Mac: +I) 斜体 をオン・オフ
    • Ctrl+U (Mac: +U) 下線 をオン・オフ
    • Home End カーソル移動
    • Backspace (Mac: Delete) カーソルの左の文字を削除
    • Delete (Mac: → Delete or fn+Delete) カーソルの右の文字を削除
    • Return 新しい行の開始
    • F2 (Mac: fn+F2) テキスト記号を挿入 (下記参照)

    特殊文字のキーボードショートカット

    テキスト編集モードtext edit mode では、次の特定キーボードショートカットが利用できます:

    Ctrl+Shift+B: フラット
    Ctrl+Shift+F: フォルテ
    Ctrl+Shift+H: ナチュラル
    Ctrl+Shift+M: メッゾ
    Ctrl+Shift+N: ニエンテ
    Ctrl+Shift+R: リンフォルツァンド
    Ctrl+Shift+S: スフォルツァンド
    Ctrl+Shift+Z: Z

    符号と特殊文字

    4分音符や分数とか他の特殊記号・文字をテキストに入れる場合に、特殊文字を使うことができます。
    テキストツールバーのキーボードアイコン
    Keyboard Icon
    をクリックするか、F2 (Mac: fn+F2) を押して特殊文字ダイアログを開きます。

    The Text Symbols palette contains buttons for inserting symbols into the text (e.g. quarter note), or special characters (e.g. copyright symbol, ©).

    ダイアログは「一般的な記号」「音楽記号」「ユニコード記号」の3つのタブに分かれています。「音楽記号」「ユニコード記号」は更にアルファベット順でカテゴリごとに分けられています。

    特殊文字のダイアログにある文字をダブルクリックすれば、カーソルの位置に即座に追加されます。ダイアログボックスを閉めなければ他の項目を追加することができ、それを開いたままで、通常のタイピング。文字の削除、数字コードでの文字入力ができます。

    :テキスト編集モードに居なければ特殊文字ダイアログを表示することはできませんし、Mac OS X 用のMuseScoreにある同じ名のメニュー項目と混同しがちな点、ご注意ください。

    参照

    Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.