コマンドラインオプション

この翻訳は古くなっています。英語版を見て参考にしてください。: Command line options

    MuseScoreを、キーボード操作によってコマンドラインから実行できます。

    • MuseScore.exe [options] [filename] (Windows)
    • mscore [options] [filename] (Mac・Linux)

    [options][filename] はオプションです。この通りに実行するには、MuseScore実行ファイル(訳注:mscore(Mac・Linux)、MuseScore.exe(Windows))を、それぞれ環境変数%PATH% (Windows)、$PATH (Mac and Linux) に入れる必要があります。もし上手くいかない場合には、初期設定に戻すから、サポートされているプラットフォームのMuseScore実行ファイルをコマンドラインから、どのように、どこで見つけ実行すればいいのか詳細な手引きを参照してください。

    以下のオプションが利用可能です。

    -?, -h, --help
    ヘルプの表示 (Windowsは非対応)
    -v, --version
    グラフィカルインターフェースを起動せずコマンドライン上で、MuseScore 現行バージョンの表示 (Windowsは非対応)
    --long-version
    グラフィカルインターフェースを起動せずコマンドライン上で、MuseScore 現行バージョン・リビジョンの表示 (Windowsは非対応)
    -d, --debug
    MuseScoreをデバッグモードで起動
    -L, --layout-debug
    MuseScoreをレイアウトデバッグモードで起動
    -s, --no-synthesizer
    統合ソフトウェアシンセサイザーの無効
    -m, --no-midi
    MIDIインプットの無効
    -a, --use-audio <driver>
    audioドライバの使用(以下を指定: jack, alsa, pulse, portaudio)
    -n, --new-score
    「プログラムの開始」の環境設定に関わらず、新しいスコアで開始
    -I, --dump-midi-in
    すべての MIDI input をコンソールに表示
    -O, --dump-midi-out
    すべての MIDI output をコンソールに表示
    -o, --export-to <filename>
    現在開かれているファイルを、<filename>と指定してエクスポートする。ファイルの種類は、ファイル名の拡張子となる。このオプションは、"converter"モードへ切り替え、グラフィカルインターフェースの起動を抑制する。また、コマンドラインからファイルのインポート・エクスポートを行いたい場合には、ファイル名の前に -o を加えることができます。例:mscore -o "My Score.pdf" "My Score.mscz"
    -r, --image-resolution <dpi>
    converterモードでのPNG 画像出力の解像度を決定します。デフォルトの解像度は、環境設定, エクスポート, PNG/SVGから取得されます。
    -T, --trim-image <margin>
    Trims exported PNG and SVG images to remove surrounding whitespace around the score. The specified number of pixels of whitespace will be added as a margin; use 0 for a tightly cropped image. For SVG, this option works only with single-page scores.
    -x, --gui-scaling <factor>
    Scales the score display and other GUI elements by the specified factor, for use with high resolution displays.
    -D, --monitor-resolution <dpi>
    高解像度のディスプレイを使うために、画面の解像度を指定 (バージョン2.1以降).
    -S, --style <style>
    style fileの読み込み。-oオプションと一緒にコンバートするときに有用。
    -p, --plugin <name>
    プラグイン の実行
    --template-mode
    ページの大きさを無視して、テンプレートモードを保存
    -F, --factory-settings
    Use only the standard built-in presets or "factory-settings" and delete preferences. For details, see Revert to factory settings
    -R, --revert-settings
    Use only the standard built-in presets or "factory-settings", but do not delete preferences
    -i, --load-icons
    Load icons from the file system. Useful if you want to edit the MuseScore icons and preview the changes
    -j, --job <filename>
    Process a conversion job (バージョン2.1以降)
    -e, --experimental
    experimental 機能の有効化。Layer (experimental) 等を参照。
    -c, --config-folder <pathname>
    config pathの指定
    -t, --test-mode
    test modeの有効化
    -M, --midi-operations <filename>
    Specify MIDI import operations file; See this example file: midi_import_options.xml
    -w, --no-webview
    スタートセンターの web view を無効
    -P, --export-score-parts
    -o <filename>.pdf と一緒に使用し、スコア・パート譜をエクスポート
    --no-fallback-font
    予備 (fallback) 音符フォントとして Bravura を使用しない
    -f, --force
    -o と一緒に使用し、壊れている・異なるバージョンのreg. スコアに対する警告を無視する(バージョン2.1以降)
    -b, --bitrate <bitrate>
    -o <filename>.mp3 と一緒に使用し、ビットレート をkbps単位で指定 (バージョン2.1以降)
    -E, --install-extension <extension file>
    拡張機能をインストール、-e を同時に指定して無視しない限り、デフォルトのサウンドフォントの読み込み (バージョン2.3以降)

    Qt Toolkit オプション

    -style= <style>
    -style <style>
    GUIアプリケーションの style の決定。指定可能な値は、"motif"、"windows"、"platinum"です。他のstyleが利用可能かどうかは、そのプラットフォームに依存します。
    -stylesheet= <stylesheet>
    -stylesheet <stylesheet>
    application stylesheetの設定。"stylesheet"の値は、stylesheetが含まれるファイルの置かれているパス(path)です。
    -platform <platformname[:options]>
    Qt Platform Abstraction (QPA) pluginの指定
    例: MuseScore.exe -platform windows:fontengine=freetype

    参照

    Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.