ミキサー

    ミキサーを使って、各譜表毎に楽器の音を変え、音量、広がりを調整することができます。

    ミキサーの表示・非表示には、次のどちらかの方法を使います:
    * F10 (Mac: fn+F10) を押す
    * メインメニューから [表示] → [ミキサー] と進む

    The mixer shows dials for each part

    : 各チャンネル毎のリバーブとコーラス効果はまだ導入されていないので、シンセサイザーでの 効果 を使います。

    ミキサーでの各チャンネルの名称は、譜表のプロパティ ダイアログの パート名 と同じです。

    ミュートとソロ

    ミュート のチェックボックスを使うと、直ぐに譜表の再生を停止できます。それに代え、ソロ のチェックボックスを使えば、 "ソロ" になっていない他の全ての譜表の再生を停止できます。

    ダイアル

    ダイアルを時計方向に回すには、クリックして上にドラッグします。ダイアルを反時計回りに回すには、クリックして下にドラッグします。マウスポインターをダイヤル上に置いてマウスホイールを使って動かすこともできます。

    どのダイヤルも、それをダブルクリックすればデフォルト設定に戻ります。

    音色

    音色のドロップダウンメニューには、使っているサウンドフォント がサポートする全ての楽器が表示されます。シンセサイザーに複数のサウンドフォントを搭載している場合には、2つ目のサウンドフォントの音色は1つ目のサウンドフォントの音色の後にといった具合に、その全てが長い表として表示されます。

    譜表途中で音色の変更 (ピッチカート、弱音器など)

    ある種の楽器はミキサーに複数のチャンネルが表示され、スコアのどこでもそれらの音に変えることができます。例えば、弦楽器ではピッチカートやトレモロが使えますし、トランペットではミュートトランペットに変えることができます。

    次の手順は弦楽器でのピッチカートの例で、弦楽器でのトレモロやミュートトランペットも同じ方法で行えます。

    1. ピッチカートにしたいセクションの最初の音符を選びます。
    2. メインメニューから 追加テキスト譜表テキスト と進みます。
    3. Pizz. をタイプします。この時点での譜表テキストは単に参照として表示されているのみで、再生時には適用されません。
    4. その譜表テキストを右クリックし、 譜表テキストのプロパティ... を選択します。
    5. 譜表テキストのプロパティのダイアログで、チャンネル変更タブの左側にある声部を、1つあるいは複数、選びます。
    6. ドロップダウンメニューから、 ピッチカート を選びます。

      Staff text properties

    7. OK をクリックしてスコアに戻ります。

    加えた譜表テキストの後に続く全ての音符はピッチカートを奏でます。楽譜のその後で通常の弦楽器の音に戻すには、上記手順に従って進め、ステップ 3 で Arco とし、ステップ 6 で標準 を選びます。

    参照

    Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.