テキスト

最終更新は 11 年前
これらは Musescore 1 向けの説明です
For MuseScore 3 users, see テキスト

前の章では、テンポ を扱いましたが、MuseScureでは多くの種類のテキストが利用できます。歌詞コードネーム 、強弱記号、運指 、ヘッダなど他にも多数あります。これらはメインメニューのCreateTextからすべて使用できます。

短いものは、一般的なテキストとして五線あるいは譜表のテキストを使います。それらの2つのフォントの違いは、1つの五線に使いたいか譜表全体に使いたいかということです。