エクスポート

最終更新は 12 年前
これらは Musescore 1 向けの説明です
For MuseScore 3 users, see ファイルフォーマット

スコアはFileSave As...から、いくつかの異なるフォーマットにエクスポートできます。

圧縮MuseScoreフォーマット(*.mscz
MSCZは標準的なMuseScoreファイルフォーマットで、ほとんどの用途に推奨されます。このフォーマットで保存されたスコアでは、どの情報も失われないでしょう。このフォーマットは、.mscファイルがZIPで圧縮されたバージョンです。
MuseScoreフォーマット(*.mscx
MSCXはバージョン0.9.5以降で用いられるMuseScoreファイルフォーマットの非圧縮バージョンです。このフォーマットで保存されたスコアでは、どの情報も失われず、テキストエディタを使って手動でファイルフォーマットを編集する必要のある場合に推奨されます。MuseScoreの以前のバージョンでは、ファイル拡張子にMSCが用いられていました。しかし、MSCはMicrosoft Windowsのファイル拡張子と競合していて、いくつかのemailプロバイダからブロックされている。新しいMSCXファイル拡張子は、上に概説した問題のため、古いMSCファイル拡張子に取って代わります。
MusicXML(*.xml
MusicXML は楽譜の世界標準であり、Sibelius、Finale、その他100以上の現在使用可能なほとんどの楽譜作成ソフトウェアで使用できます。楽譜を異なる楽譜作成ソフトウェア間で共有するために、推奨されるフォーマットです。
圧縮MusicXML(*.mxl
圧縮MusicXMLは標準のMusicXMLより小さなファイルを作成します。圧縮MusicXMLは、新しい標準であり、現時点では他の楽譜作成ソフトウェアで広くサポートされていません。
MIDI(*.mid
Musical Instrument Digital Interface(MIDI)は、シーケンサーや楽譜作成ソフトウェアで広くサポートされているフォーマットです。しかし、MIDIファイルはスコアのレイアウトのためではなくプレイバックのために設計されており、そのためフォーマット、ピッチの表記、声部、装飾音、アーティキュレーション、繰り返し、あるいは拍子記号やそれらにまたがることに関する情報を含んでいません。異なる楽譜作成ソフトウェア間でファイルを共有するためには、MusicXMLを使用してください。プレイバックしか気にかけない場合には、MIDIを使用してください。
PDF(*.pdf
Portable Document Format(PDF)は、音楽を編集する必要のない他の人と楽譜を共有するための理想的なものです。ほとんどのコンピュータのユーザーは、すでにPDFビューワーを持っているため、スコアを見るために余計なソフトウェアのインストールを必要としないでしょう。
PostScript(*.ps
PostScript(PS)は、印刷に用いられるページ記述言語として広く普及しています。
PNG(*.png
Portable Network Graphics(PNG)は、主要なすべてのオペレーティング・システムでネイティヴにサポートされているビットマップ・イメージ・フォーマットです。バージョン0.9.3で、複数ページスコアが各ページのPNGファイルにエクスポートされるようになりました。
SVG(*.svg
Scalable Vector Graphics(SVG)は、ほとんどのウェブ・ブラウザ(Internet Explorerが期待される)とベクター・グラフィックス・ソフトウェアで開くことができます。しかし、ほとんどのSVGソフトウェアは埋め込みフォントをサポートしていないため、これらのファイルを正しく見るためには適切なMuseScoreフォントをインストールしなければなりません。
LilyPond(*.ly
LilyPondフォーマットは、Lilypond 楽譜作成ソフトウェアで開くことができます。しかし、LilyPondエクスポートは現行バージョンのMuseScoreでは、不完全で実験的なものです。
WAV オーディオ(*.wav
WAV(Waveform Audio Format)はMicrosoftとIBMによって開発された非圧縮の音声フォーマットですが、Windows、Mac OS、Linuxのためのソフトウェアから幅広くサポートされています。ファイル保存の過程で音質が一切失われないため、これはCDを作成するには理想的なフォーマットです。しかし、大きなファイルサイズのためにEメールやウェブを通じて共有することが困難です。このエクスポートオプションはバージョン0.9.5以降で使用可能です。
FLACオーディオ(*.flac
Free Lossless Audio Codec(FLAC)は圧縮オーディオ・フォーマットです。FLACファイルは、音質が良いままで非圧縮オーディオのおよそ半分のサイズになります。WindowsとMac OSではFLACに対するビルト・インのサポートはありませんが、VLC media playerのようなソフトウェアによって、どのオペレーティング・システムでもFLACファイルを再生できます。このエクスポートオプションはバージョン0.9.5以降で使用可能です。
Ogg Vorbis(*.ogg
Ogg Vorbisは、広く普及しているMP3オーディオフォーマットに代わって、パテント・フリーな後継になろうと意図しています。Ogg Vorbisファイルは、比較的小さい(しばしば、非圧縮オーディオの10分の1になります)が、いくつかの音質は失われます。WindowsとMac OSはOgg Vorbisのためのビルト・インのサポートを持っていません。. しかし、VLC media playerのようなソフトウェアとFirefox 3.5以降であれば、どのオペレーティング・システムでもOggファイルを再生することができます。このエクスポートオプションはバージョン0.9.5以降で使用可能です。