再生モード

MuseScore にはスコアを演奏する統合的なシークエンサーと シンセサイザー があり、作成したスコアを再生することができます。基本的な再生機能はツールバーからアクセスします。

play_toolbar.png

再生/停止 Play Icon ボタン (あるいは Space) を押して、再生モード に入ります。 再生モード では、次のコマンドが使えます:

  • 前の和音へ
  • 次の和音へ
  • 前の小節の最初へ Ctrl+ (Mac: Cmd+)
  • 次の小節の最初へ Ctrl+ (Mac: Cmd+)
  • スコアの初めに戻る Home (Mac: +Home)
  • 再生パネルをオン・オフ F11 (Mac: ++P)

再生/停止ボタン (あるいは Space もしくは Esc) を再度押すと再生は停止し、 再生モード を抜けます。

MuseScore 最後に終えた場所から再生を開始します。特定の音符(あるいは小節)から再生を開始するには、その音符(あるいは小節)をクリックしてから再生モードに入ります。あるいは、再生中であれば、飛びたいところの音符をクリックすれば、そこにジャンプします。ツールバーには巻き戻しボタンがあって、再生をスコアの初めに素早く戻せます。

繰り返しの再生のオン・オフは、反復再生 ボタン Play Repeats Icon で行います。

再生パネル

再生パネルを開くにはメニューを 表示再生パネル と進むか、F11) (Mac: Fn+F11) キーを押します。

再生パネルを使って、{テンポ} で再生スピードを変えたり、開始と終了位置を設定したループ再生で繰り返し再生したり、[音量] を調節したりと、その時点での再生を一時的に変化させることができます。

: 再生パネルで変更したパラメーターは、仮に 保存 をクリックしたとしても、スコアと一緒に保存することはできず、その時点で行っている再生に対してのみ効果をもたらします。楽譜の実際のテンポを変更するには、テンポの設定をインスペクタ (F8) あるいは テンポテキスト を使って行います。再生音量の初期設定を変えたい場合には、シンセサイザー で行います。シンセサイザーを使うには、メニューを 表示シンセサイザー と進みます。

Play panel

カウントイン

再生を開始する時にカウントインするかどうか、オン・オフが可能です。カウントインは、再生の開始位置での拍子に従って一小節を拍打ちします。開始位置が小節の途中か弱起の場合は、さらにその小節を満たす拍を打ちます。再生パネルの指揮棒のアイコンでカウントインをオン・オフできます。

メトロノーム再生

スコアの再生でメトロノームを使うかどうか、オン・オフが可能です。 (再生パネルのメトロノームのアイコンです。)

ループ再生

再生のツールバーあるいは上図の 再生パネル を使って、スコアの選択した箇所を繰り返しループ再生することができます。

ツールバーで:

  • 再生は 停止 でループ再生は オンの状態にし、
  • スコアでループ再生した範囲を 選択 し、
  • 再生ボタンを押します。

これで選択範囲が青い旗で印され、繰り返し再生されます。

再生パネルで:

  • ループ再生を開始したい音符を選択し、"ループ開始位置の設定" ボタンをクリックします。これで "ループ再生" ボタンがオンになります。
  • ループ再生を終了したい音符を選択し、"ループ終了位置の設定" ボタンをクリックします。
  • 再生ボタンを押します。

これで選択範囲が青い旗で印され、繰り返し再生されます。

  • "ループ再生" ボタンを使えば、ループ再生をオン・オフできます。
Do you have an unanswered question? Post it in the forum.