長休符

Updated 4 ヶ月 ago
この翻訳は古くなっています。英語版を見て参考にしてください。: Measure rests

    全休符

    全休符 は下の図に小節の中央に位置し、どの拍子であれ、一つの小節(あるいは小節の1つの声部)全体が休みであることを表すのに用いられます。

    Full measure rest

    1つあるいは複数の全休符を作る

    選択した小節が 特別な長さ ではない "標準" の小節であれば、次の方法を使います。

    1. 小節を一つ、あるいは範囲選択 し、
    2. Del を押します。

    特別な長さ の小節が含まれている場合には、次の方法を使います。

    1. 小節を一つ、あるいは範囲選択 し、
    2. Ctrl+Shift+Del (Mac: Cmd+Shift+Del) を押します。

    特定の 声部 に全休符を作る

    1. 対象の声部で、その小節全体の長さとなる休符を入力し。
    2. その休符が選択の状態にあることを確かめたうえで、 Ctrl+Shift+Del (Mac: Cmd+Shift+Del) を押します。

    長休符

    長休符 はその楽器が休止にある期間を示します。譜表上に小節の数として表示されます。

    Multi-measure rest

    長休符は、例えば複縦線、リハーサルマーク、調号・拍子記号の変更、セクション区切り など、重要なところで中断します。

    長休符の表示

    長休符の表示をオン・オフするには:

    • キーボードで M を押します。

    その他:

    1. メニューを フォーマットスタイル... と進み、
    2. "スコア" タブで、
    3. "長休符を作成" のチェックボックスを使います。

    : 長休符を有効にする に記譜を終えておくことを、お勧めします。

    長休符の中断

    一つの長休符を二つに分けたいということがあるかも知れません。

    1. 長休符の設定が オフ になっていることを確かめ、(上記 ご参照)
    2. 二つ目の長休符を始めたい小節を右クリックし、表示されるメニューで 小節のプロパティ を選び、
    3. "長休符区切り" のチェックボックスをチェックします。

    参照: 小節の操作: 長休符区切り.

    Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.