区切りとスペーサー

Updated 1 年 ago
This is an archived handbook page written for MuseScore 2
Navigate to the handbook page for MuseScore 3: Breaks and spacers

    アドバンス ワークスペース区切りとスペーサー パレット には次に示す記号があり、そのいずれも印刷されない記号です。

    Breaks and Spacers Palette

    最初の3つは 区切り という名称であり、青色の上・下矢印は スペーサー と呼ばれます。

    区切り

    区切り は小節 あるいは フレーム に適用でき、次の3つの種類があります:

    • 譜表の折り返し: その続きを新しい段で始めます。
    • ページ区切り: その続きを新しいページで始めます。
    • セクション区切り: スコアを セクション" に分け (下記参照)、続く部分を新しい段で始めます。ページ区切りを一緒に使うこともできます。

    区切りを加える

    小節へ

    1つもしくは複数の 小節 に区切りを加えるには、次の方法のどれかを使います:

    • 小節を選択してパレットの区切り記号をダブルクリックします。(譜表の折り返しはon/offのトグルスイッチになっています)
    • パレットの記号を小節にドラグします。
    • version 2.2 からは、1つもしくは複数の縦線あるいは符頭を選択し、適用するパレットの区切り記号をダブルクリックします。(譜表の折り返しはon/offのトグルスイッチになっています)

    譜表の折り返しとページ区切りについてはキーボードショートカットによる方法もあり:

    譜表の折り返し を加えるには:

    • 縦線をクリックし、 を押す(トグルスイッチです)
    • version 2.2 から、小節を選択して を押す(トグルスイッチです)
    • version 2.2 から、一つあるいは複数の縦線もしくは符頭を選択し、 を押す(トグルスイッチです)

    ページ区切り を加えるには:

    • 縦線をクリックし、Ctrl+ (Mac: Cmd+) を押す。
    • (version 2.2 から) 小節を選択し、Ctrl+ (Mac: Cmd+) を押す。
    • (version 2.2 から) 一つあるいは複数の縦線もしくは符頭を選択し、Ctrl+ (Mac: Cmd+) を押す。
    フレームに対して

    フレーム に対して区切りを加えるには、次のどちらかの方法を使います:

    • 区切り記号をパレットからフームにドラグ
    • フレーム を選択し、パレットの区切り記号ダブルクリック

    : (1) 青色の区切り記号は画面上では見えますが、印刷では表示されません。(2) スコア 全体 あるいは 一部 に譜表の折り返しを加える(削除する)方法については、「譜表の折り返し」の追加/削除 をご参照ください。(3) To split a measure, see 小節の操作:分割と結合 をご参照ください。

    区切りを移動する

    区切りの位置を変えるには:

    1. その区切りについて 編集モード に入り;
    2. テキスト要素の位置を調整する の記載のようにキーボードの矢印キーを使います。

    区切りを削除する

    次の方法で行います:

    • 区切りを選択し Del を押す。

    参考: 「譜表の折り返し」の追加/削除

    セクション区切り

    セクション区切り は、その名が示す通り、同じスコアの中で別のセクションを作成するために使います。譜表の折り返し と同じように、次の小節あるいはフレームを新たな段で始めることになり、必要なら、ページ区切り を併用することもできます。セクション区切りは、例えば、楽章を分ける場合に利用できます。

    スコアの中で、各セクションはそれぞれ独立した小節番号で始まります。初期設定では小節番号は1から始まりますが第1小節の番号は画面表示されないようになっており、 小節のプロパティ の画面でその設定を変えることができます。そこでは小節番号に関する他の要素も設定できます。

    新しいセクションの最初で拍子記号あるいは調号を変えても、前節最後の小節の終わりに "慣例の記号" は表示されません。次の例を参照ください。

    Example of use of section break

    スコアを再生する際、プログラムはセクション間に短いポーズを加えます。また、一つのセクションで最初の反復終了の縦線に達すると、再生カーソルはそのセクションンの最初にに戻ります。反復開始の縦線の設定は任意です。

    セクション区切りのプロパティ

    セクション区切りを右クリックし セクション区切りプロパティ... を選択すると次の設定ができます:

    • 「一時停止」の時間の長さ;
    • 「楽器名を省略せず新しいセクションを開始」するかどうか;
    • 「小節番号をリセットして新しいセクションを開始」するかどうか

    スペーサー

    スペーサー は上や下矢印に似た青色の表示で、上下の段との間により大きな間隔を設けることができます(フレームには適用できません)。

    スペーサーを加える

    次の方法を使います:

    • 小節を選択し、パレット のスペーサー記号をダブルクリック
    • パレットからスペーサー記号を小節・フレームにドラグ

    スクリーン上スペーサー記号は青く表示されますが、印刷では表示されません。

    : スペーサーは 局所的 な調整だけを目的にしています。スコア全体 に渡って譜表間のスペースを調整するには、スタイル → 一般... → 頁 を使います。

    スペーサーの調節

    スペーサー の高さを調節するには、次のいずれかの方法を使います:

    • スペーサーをダブルクリックし、ハンドルを上下にドラグします。
    • スペーサーをダブルクリックし、↑ ↓ キーや、Ctrl+↑ ↓ キーを使って上下に動かします。
    • スペーサーをクリック (あるいはダブルクリック) し、インスペクター の "高さ" プロパティを調整します。

    スペーサーを削除する

    • そのスペーサーをクリックし、Del を押します。

    参照

    Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.