新しい楽譜の作成

Updated 2 ヶ月 ago
This is an archived handbook page written for Musescore 1
Navigate to the handbook page for Musescore 2: 新しいスコアの作成

メインメニューから ファイル(File)新規作成...(New...)を選択すると新しい楽譜の作成ウィザードが開きます。

タイトル、作曲者、その他の情報

新しい楽譜の作成ウィザード:タイトルとその他の情報

上図のように、タイトル(Title)、作曲者(Composer)、その他の情報を入力します。画面下の2つの選択肢に注意してください。

  • 楽譜をテンプレートから作成(Create new score from template)
  • 楽譜を新規作成(Create new score from scratch)

初めの選択肢を選ぶと、次のウィンドウで、用意されている楽譜のテンプレートから楽器の編成を選ぶことが出来ます。2番目の選択肢にすると、次のウィンドウで全ての楽器を自由に選ぶことが出来ます。テンプレートに関しては 以下を参照してください。ここでは「楽譜を新規作成」(Create new score from scratch)"を選んだ場合について述べます。

"次へ(Next)" をクリックして続けます。

楽器と声部

New Score wizard: Add instruments

楽器ウィンドウは2つのカラムに分かれています。左側のカラムは選択可能な楽器のリストで、右側のカラムには初めは何も表示されていませんが、作成する楽譜で用いる楽器が表示されます。

左側のカラムの楽器リストは楽器の種類ごとに分類されています。種類名をダブルクリックすることで、その種類の全ての楽器が表示されます。楽器を選び "追加(Add)" をクリックすると、右側のカラムに選んだ楽器が追加されます。必要なだけ楽器や声部を追加できます。

右側のカラムでの楽器の並び順が、楽譜での並び順になります。順番を変えるには、楽器名をクリックしてから "上へ(Up)" または "下へ(Down)" ボタンをクリックすることで上下に移動が可能です。楽器の設定が終わったら、 "次へ(Next)" をクリックして次へ進みましょう。

調号

最新のMuseScoreを使っている場合は調号の設定ウィンドウが表示されるので、適切な調号を選び "次へ(Next)" をクリックして次へ進んでください。

拍子記号、弱起(アウフタクト)、小節の数

新しい楽譜の作成ウィザード:拍子記号と小節のオプション

適切な拍子記号を設定してください。弱起で始まる曲の場合は、 "弱起(アウフタクト)(Pickup mesure)" チェックボックスをチェックし、弱起の拍子記号を設定して最初の小節の長さを決めてください。

必要な小節数のおよその数がわかっていれば、ここで指定できます。不明の場合でも、後で小節の追加・削除は可能です。

"完了(Finish)" をクリックすると楽譜が作られます。

作成した楽譜の調整

新しい楽譜の作成ウィザードで設定した全ての項目はいつでも変更できます。

  • 小節の追加・削除や弱起の作成については小節の操作 の項目を参照してください。
  • テキストの変更についてはテキスト編集 の項目を参照してください。未設定の曲名(あるいは他のテキスト)を追加するには、メニューの作成(Create)テキスト(Text)タイトル(Title)(あるいは他のテキストの項目)から行えます。
  • 楽器の追加、削除、並び順の変更は、メニューの作成(Create)楽器...(Instruments...)から行えます。

関連項目: 調号拍子記号音部記号 .

テンプレート

新しい楽譜の作成ウィザードの最初の画面には "楽譜をテンプレートから作成(Create new score from template)" という選択肢があります(詳しくはこのページ上部の タイトル、作曲者、その他の情報の項を参照してください)。テンプレート使用の選択肢を選び、"次へ(Next)" をクリックして次へ進んでみましょう。

次の画面でテンプレートを選び、"次へ(Next)" をクリックし、同様に新規作成ウィザードを進め、完了してください。

テンプレートファイルは通常のMuseScoreファイル形式でテンプレートフォルダに保存されています。テンプレートフォルダにMuseScoreファイルを保存することで、独自のテンプレートを作成できます。Windowsの場合、テンプレートフォルダのパスは通常C:\Program Files\MuseScore\templatesです。Linuxの場合、パッケージマネージャーからインストールした場合には、/usr/share/mscore-xxxを見てください。Linuxでmscoreをコンパイルした場合、/usr/local/share/mscore-xxx以下を見てください。Macでは、/Applications/MuseScore.app/Contents/Resources/templates以下を見てください。