キーボード・ショートカット

最終更新は 10 年前
これらは Musescore 1 向けの説明です
For MuseScore 3 users, see キーボードショートカット

キーボード・ショートカットは、 編集(Edit)設定...(Preferences...)ショートカット(Shortcuts)タブからカスタマイズできます。(Mac: MuseScorePreferences...ショートカット(Shortcuts) タブ) 以下は、初期状態のショートカット設定のリストです。

ナビゲーション

スコアの最初へ: Home
スコアの最終ページへ: End

次ページ: Pg Dn
前ページ: Pg Up

次の小節: Ctrl+(Mac: +
前の小節: Ctrl+(Mac: +

次の音符:
前の音符:

下の音符(コード内で、あるいは下の譜表へ): Alt+
上の音符(コード内で、あるいは上の譜表へ): Alt+

コード内の上の音符: Ctrl+Alt+
コード内の下の音符: Ctrl+Alt+

音符の入力

音符入力モードを開始する: N
音符入力モードを終了する: N or Esc

音価(音の長さ)

それぞれの音価 (4分音符、8分音符など)のショートカットのリストについては、音符の入力 を参照してください。

前の音符の半分の音価: Q
前の音符の2倍の音価: W

声部

声部 1: Ctrl+I, Ctrl+1(Mac: 未定)
声部 2: Ctrl+I, Ctrl+2(Mac: 未定)
声部 3: Ctrl+I, Ctrl+3(Mac: 未定)
声部 4: Ctrl+I, Ctrl+4(Mac: 未定)

音高

音の高低は音名またはMIDIキーボードにより入力できます。詳しくは、音符の入力 を参照してください。

一つ前の音符を繰り返す: R

音程をオクターブ上げる: Ctrl+(Mac: +
音程をオクターブ下げる: Ctrl+(Mac: +

音程を半音上げる:
音程を半音下げる:

音符にシャープを加える: (拡大のショートカットと重複したため、未定義)
音符にフラットを加える: -

休符: 0 (zero). バージョン0.9.6以前 休符: Space

音程

現在の音符の上に音程を加えるAlt+[Number]
現在の音符の下に音程を加える Shift+[Number]

方向

方向の反転(符尾、スラー、タイ、連符の括弧など): X
符頭の反転: Shift+X

アーティキュレーション

タイ : +
スラー : S
スタッカート: Shift+.
クレッシェンド: H
デクレッシェンド: Shift+H

歌詞の入力

前の音節: Ctrl+
次の音節: Ctrl+

前の連: Ctrl+(Mac: +
次の連: Ctrl+(Mac: +

より詳しい歌詞のショートカットについては、歌詞 を参照してください。

表示

ナビゲーター: F12 (Mac: ++N)
プレイパネル: F11 (Mac: ++P)
パレット: F9 (Mac: ++K)
ミキサー: F10 (Mac: M)