装飾音符

Updated 7 ヶ月 ago

    装飾音符 は音楽的な飾りであり、通常の音符より小さく表示されるのが普通です。短前打音 (Acciaccatura) は符幹にスラッシュを付けた小さな音符として表示されます。長前打音 (Appoggiatura) にスラッシュはありません。

    装飾音符を作る

    装飾音符は基本やアドバンスのワークスペースの "装飾音符" パレット にあります。

    Grace Notes palette (Advanced workspace)

    装飾音符を加える

    次のいずれかの方法を使います。

    • 通常の音符を選択し、パレット にある装飾音符をクリック(Ver.3.4 以降 / 3.4 より前はダブルクリック)。
    • パレットから装飾音符を通常の音符にドラグ。
    • 短前打音の場合に限り、音符を選択し、/ を押す。

    この操作で、対象とする音符と同じ音高の装飾音符が加えられます。通常の音符に連続する装飾音符を加えるには、同じ操作を必要な回数繰り返します。下記 音高を変える もご参照ください。

    : スコアに装飾音符を加えた時、スラーは自動的には作成されないので、別途加えます。スラー をご参照ください。

    重音の装飾音符を加える

    通常のコードと同じく、装飾音符をコードに積み上げます。

    1. 上記の方法で、コードの最初の装飾音符を入力します。
    2. その最初の装飾音符を選択し、通常のコードに対すると同じように続く音符を入力します。 (Shift+A...G)

    ステップ2で、音程で追加 のショートカットを使ってコードの装飾音符を作ることもできます。 Alt+1...9 で音程はユニゾンから9度です。

    音高を変える

    通常の音符と同じく、装飾音符の音高を変えることができます。

    1. 対象とする装飾音符を選択します。
    2. キーボードの矢印キーを使って、音高を調整します。
      • / で音高を半音上下
      • Alt+Shift+ / Alt+Shift+ 該当の調に従って1音階上下

    音価を変える

    装飾音符を選択してツールバーの音価を選ぶか、キーで1...9 を入力します。 (音符入力 をご参照ください。)

    手動で調整

    水平位置

    装飾音符とそれが付属する通常の音符の間の水平距間隔を調整するには、次のどちらかの方法を使います:

    • 装飾音符で 編集モード に入り、左右の矢印キーを使って、求める間隔に位置付けます。
    • 装飾音符を選択し、インスペクタの コード セクションで X オフセット値を変更します。

    その他の調整

    装飾音符に関するその他のプロパティは、インスペクタ で調整できます。("要素"、"コード" と "音符" セクションをご参照ください)。例えば垂直位置、サイズ、符幹といったものが該当しますが、割振り/前との間隔は通常の音符にのみ有効です。

    Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.