サウンドフォント

概要

MuseScore には、各楽器の演奏ができるよう、サウンドフォントと呼ばれる特別な種類のファイルが付属しています。クラシック音楽用に数種類あり、その他はジャズ、ポップ用などです。ウェブではたくさんのサウンドフォントが利用できます。 General MIDI (GM) の128サウンドに対応するものを探してみてください General MIDI (GM)。 General MIDI の基準に対応していないサウンドフォントを使うと、そのスコアを共用する際、あるいは MIDI ファイルにエクスポート する場合に、他の人は適切な音を聞けないことがあり得ます。MuseScore 0.9.6 – 1.3 ではごく軽量の TimGM6mb.sf2 と呼ばれるサウンドフォントを使っていましたが、MuseScore 2 にはよりリアルな FluidR3Mono_GM.sf3 が付属しています。

ウェブで得られるサウンドフォントのファイルサイズと音質は様々です。サイズの大きなサウンドフォントは概ねより良い音でしょうが、あなたのコンピュータで使うにはメモリーを使い過ぎたり大きすぎることもあるかも知れません。大きなサウンドフォントをインストールした後にMuseScoreの動きが遅くなったり、コンピュータが再生中に動かなくなるといった場合には、小さいサウンドフォントを探してみてください。

シンセサイザーは MuseScore が音を出力するための中心となる制御盤です。多機能であり、再生に使用するサウンドフォントを選定したり、イーコライゼーションと音量を制御できます。

サウンドフォントのインストール

見つけたサウンドフォント (→を参照) を解凍した後、それをダブルクリックして開きます。サウンドファイルのファイル形式は MuseScore に対応するものとなっていることが多く、MuseScore が開始し、ダイアログを示してそのサウンドフォントをインストールするかと聞いてきます。時には MuseScore に適合しないファイル形式場合もあり、そうであれば、そのファイルを右クリックすることで、MuseScore でそのファイルを開くことができるようにメニューが表示されます。いずれの場合も、そのサウンドフォントをインストールしたいかと聞いてくるダイアログが表示されたら、"Yes" をクリックするとそのサウンドフォント・ファイルがMuseScore のサウンドフォント・ディレクトリにコピーされます。このディレクトリは MuseSocre の環境設定で見たり、変更したりすることができますが、既定の場所は次の通りです:

  • Windows: %HOMEPATH%\Documents\MuseScore2\Soundfonts

  • Mac OS X and Linux: ~/Documents/MuseScore2/Soundfonts

ユーザーが追加したサウンドフォントとは異なり、MuseScore に付属する初期設定のサウンドフォントは、システム・ディレクトリに位置し、特段の目的以外では、変更してはなりません。そのディレクトリと既定のサウンドフォントは次の通りです:

  • Windows (32-bit): %ProgramFiles%\MuseScore 2\sound\FluidR3Mono_GM.sf3
  • Windows (64-bit): %ProgramFiles(x86)%\MuseScore 2\sound\FluidR3Mono_GM.sf3

  • Mac OS X: /Applications/MuseScore 2.app/Contents/Resources/sound/FluidR3Mono_GM.sf3

  • Linux (Ubuntu): usr/share/sounds/sf2/FluidR3Mono_GM.sf3

アンインストール

サウンドフォントをアンインストールするには、そのサウンドフォントがインストールされているフォルダーを開き、単純に削除します。

シンセサイザー

シンセサイザー は MuseScore が音の出力での中心となるコントロールパネルです。サウンドフォントが インストール され、それを MuseScore が再生に使うにはシンセサイザーに搭載する必要があります。シンセサイザーを表示するには、表示シンセサイザー と進みます。詳細については シンセサイザー を参照ください。

Synthesizer_jp.png

サウンドフォントのリスト

以下、良く用いられる GM サウンドフォントで、サイズが異なっています。

サウンドフォントファイルに加え、新しいシンセサイザー new synthesizer Zerberus Zerberus のおかげでMuseScoreは SFZ フォーマットをサポートしています。以下 SFZ サウンドバンクです。

特別のサウンドフォント

注: サウンドフォントファイルはサイズが大きいので、多くの場合 .zip, .sfArk, .tar.gz など様々なフォーマットに圧縮されています。使う前にそれらファイルを解凍する必要があります。

  • ZIP はほとんどの O/S がサポートする標準的な圧縮フォーマットです。

  • sfArk は、サウンドフォントファイルを圧縮する目的で作られた圧縮フォーマットです。特製のsfArkソフトウェアを使って、解凍します。

  • .tar.gz is は Linux 用に良く使われる圧縮フォーマットです。 Windows では 7-Zip を、Mac であれば Unarchiver あるいは Mac OS X にビルトインされているアーカイブユーティリティを使います。7-Zip を使うには、GZip を一度、そして TAR を一度と、2度解凍を行う必要がある点にご注意を。

MuseScore の設定

サウンドフォントを見つけ解凍をした後、ダブルクリックしてそれを開きます。MuseScore が開始され、表示されたダイアログでそのサウンドフォントをインソールするかと問われます。"Yes" をクリックするとサウンドフォントファイルをMuseScore のサウンドフォントディレクトリにコピーします。そのディレクトリはMuseScoreの環境設定から見たり変更したりすることができます。

サウンドフォントを追加する既定の保存場所は、次の通りです。:

  • Windows: %HOMEPATH%\Documents\MuseScore2\Soundfonts
  • Mac OS X and Linux: ~/Documents/MuseScore2/Soundfonts

MuseScore の標準サウンドフォントの初期設定場所は、次の通りです。:

  • Windows (32-bit): C:\Program Files\MuseScore 2\sound\FluidR3Mono_GM.sf3
    (実際 %ProgramFiles%\MuseScore 2\sound\FluidR3Mono_GM.sf3)
  • Windows (64-bit): C:\Program Files (x86)\MuseScore 2\sound\FluidR3Mono_GM.sf3
    (実際 %ProgramFiles(x86)%\MuseScore 2\sound\FluidR3Mono_GM.sf3)

  • Mac OS X: /Applications/MuseScore 2.app/Contents/Resources/sound/FluidR3Mono_GM.sf3

  • Linux (Ubuntu): /usr/share/sounds/sf2/FluidR3Mono_GM.sf3

再生に使うサウンドフォントを選ぶには、 表示シンセサイザー と進みます。"追加" ボタンをクリックするとサウンドフォントディレクトリから他のサウンドフォントを一覧表に加えることができます。一覧表の一番上にあるサウンドフォントが再生に使われます。

問題解決

ツールバーの再生パネルが灰色、あるいは非表示で利用できない場合、次の手順に従って音が利用できるようにします。

  • 表示Transport のメニュー項目の隣にチェックマークがあるかを確かめます。メニューの該当項目をクリックするとチェックマークを付けたり消したりできます。もしこれで問題が解決できなければ、次に続きます。
  • サウンドフォントを変更したのちに再生パネルが見えなくなったのであれば、編集環境設定...I/O tab と進み、何も変更しないまま OK をクリックします。MuseScore を再起動すると、再生パネルが表示されるようになるはずです。

初めてサウンドフォントの設定を行う場合は、上にリストしたお勧めサウンドフォントを利用するのが良いでしょう。

再生がつっかえながら進む場合は、コンピュータが使用中のサウンドフォントを使いこなせない状況です。次の2つの解決法があります。

  1. より小さなサウンドフォントを使い、MuseScore に要する RAM の使用量を減らす。上のリストを参考に。
  2. MuseScore を残し他のアプリケーションをすべて終了させることで、MuseScore がりようできる RAM の量を増やす。
    問題が続いてもその大きなサイズのサウンドフォントがあなたにとって意味のあるものなら、コンピュータの RAM を増やすことを検討しましょう。

参照