編集モード

Updated 1 年 ago
This is an archived handbook page written for Musescore 2
Navigate to the handbook page for Musescore 3: 編集モード

    編集モード はスコア上に加えられた要素を編集する目的で使用されます。例えば、:

    • スラー、線、縦線等の長さや形を調整
    • テキストオブジェクトの中の文字を加え、削除し、フォーマットを調整
    • テキスト を除き、他のスコア上の要素のほとんどについて位置を調整

    編集モードに入る・出る

    [編集モード] に入るには、次のどの方法でも行えます:

    • 要素をダブルクリック
    • 要素を右クリックし、メニューから要素の [編集] を選択
    • 要素をクリックし、キーボードショートカットの Ctrl+E (Mac: Cmd+E) を押す

    [編集モード] を抜けるには、次のどちらかの方法を使います:
    * Esc を押す
    * ドキュメント・ウィンドウの空き領域をクリック

    テキスト

    テキストの [編集モード] については、テキスト編集 を参照ください。

    例えば、スラー、タイ、ヘアピン、反復記号など の [編集モード] では四角い 調整ハンドル が表示され、選択範囲が青色表示になります。例えば スラー の場合にはこんな具合です :

    Sample slur in Edit Mode

    端のハンドルは線の長さを変更するのに用います。中のハンドルは線の上下位置の調節に使います。それに加え、スラーとタイに関しては、カーブの形を調整できるよう3つのハンドルが用意されてます。

    ハンドルを動かすには、そえをクリックして下記 キーボードショートカット を使うか、マウスでハンドルをドラグします。

    端のハンドル は点線で譜表上の アンカー に繋がっています。 開始と終了のアンカーは、その線が影響するスコアの範囲の境界を示しています。初期設定では、終端のハンドルは、それに対するアンカーの 直上 に位置するようにしています。

    • 端のハンドルとアンカーの両方を移動するには、ハンドルを選び、Shift+ あるいは Shift+ を使います。
    • アンカーを変える事無く端のハンドルを移動するには、ハンドルを選択し、矢印キーを使うか、Ctrl (Mac: ) コマンドを使います。下記 キーボードショートカット を参照ください。

    音符

    音符のオフセット

    1つの音符を他の要素を邪魔したり符頭の共用 をすることなく右あるいは左に移動するには、符頭を選択し、インスペクターコード 水平位置 を使います。もしくは、音符編集 モードで次の操作を行っても同様です。

    1. (i) 符頭をダブルクリックするか (ii) 符頭を右クリックして "要素の編集" を選択するか (iii) 符頭を選択してして Ctrl + E を押して 音符編集 モードに入ります。
    2. その音符を引っ張りたい左右方向の矢印キーを押すか、より大きく動かすには Ctrl+Ctrl+ を使います。
    3. Esc キーを押すと、符幹が書き直されます。

    あるいは、符頭を選択し、インスペクター の "コード" の項で "水平位置" のオフセットを変更することでも行えます。

    符幹の長さの調整

    1. 調整したい符幹の上で 編集モード に入り、;
    2. 以下に記載する キーボードショートカット で符幹の長さを調整し、;
    3. 編集モードを抜ける。

    : 符幹を 再配置 するには、それを選択し インスペクター で "水平位置" オフセットを調整してください。

    キーボードショトカット

    次のキーボード・コマンドを使って、現在選択しているハンドルの位置を調整することができます:

    • : ハンドルを左に0.1スペース動かします。(1スペースとは、2本の譜線の間の距離で、詳細は 譜表スペース を参照ください)
    • : ハンドルを右に0.1スペース動かします。
    • : ハンドルを上に0.1スペース動かします。
    • :ハンドルを下に0.1スペース動かします。
    • Ctrl+ (Mac: +): ハンドルを左に1スペース動かします。
    • Ctrl+ (Mac: +): ハンドルを右に1スペース動かします。
    • Ctrl+ (Mac: +): ハンドルを上に1スペース動かします。
    • Ctrl+ (Mac: +): ハンドルを下に1スペース動かします。
    • Alt+: ハンドルを左に0.01スペース動かします。
    • Alt+: ハンドルを右に0.01スペース動かします。
    • Alt+: ハンドルを上に0.01スペース動かします。
    • Alt+: ハンドルを下に0.01スペース動かします。
    • Shift+: 終端ハンドルのアンカーを1音符(休符)左に動かします。
    • Shift+: 終端ハンドルのアンカーを1音符(休符)右へ動かします。
    • Tab: 次のハンドルへ進みます。

    参照

    Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.