サウンドフォントと SFZ ファイル

    MuseScore での音の再生は、次のいずれかのフォーマットでのソフトウェアーによる 仮想楽器 で成り立っています。:

    • ファイル拡張子 sf2/sf3 の サウンドフォント。 一つのファイルには一つ以上の仮想楽器が含まれます。
    • ファイル拡張子 sfz の SFZ。 音と定義のファイルの集積で、一つ以上の仮想楽器が含まれます。

    SF2/SF3 サウンドフォント

    サウンドフォント (ファイル拡張子 sf2、圧縮型であれば sf3)はは1つ以上の楽器の合成音を含むファイルで、MIDIファイルを再生するために使用されます。MuseScore 2.2General MIDI (GM) のサウンドフォント MuseScore_General.sf3 が搭載されており128種類を超える楽器とドラムセットが含まれています。

    注: MuseScore 2.0-2.1 __ には __FluidR3Mono_GM.sf3 が、MuseScore 1 には TimGM6mb.sf2 が使われています。

    General MIDI (GM) サウンドフォントを再生に使用するメリットは、GM が世界標準であり、音楽スコアやエクスポート した MusicXMLMIDI ファイルがどのコンピューターでも再生可能であることです。

    インターネットでは有償・無償さまざまなサウンドフォントが利用できます。サイズの大きなサウンドフォントはより良い音かも知れませんがコンピューターへの負担が大き過ぎるかも知れません。大きなサイズのサウンドフォントをインストールした後 MuseScore の動きが鈍くなったり再生が一定でなくなったような場合には、サイズの小さなサウンドフォントを探してみてください。

    サウンドフォントを インストール すれば、シンセサイザー を使ってそれを MuseScore での再生に使えますし、を使って他の音の機能を設定することもできます。 シンセサイザーを画面表示するにはメニューの「表示」→「シンセサイザー」と進みます。

    サウンドフォントのインストール

    サウンドフォント (→を参照) を見つけて解凍した後、それをダブルクリックして開きます。MuseScore は様々なファイル形式のサウンドファイルに対応しているので、MuseScore が開始し、ダイアログを示してそのサウンドフォントをインストールするかと聞いてきます。時にはそのサウンドフォントに特有のアプリケーションが必要な場合もあり、その場合には、そのファイルを右クリックすることで、MuseScore でそのファイルを開くことができるようなメニューが表示されようにしましょう。いずれの場合も、そのサウンドフォントをインストールしたいかと聞いてくるダイアログが表示されたら"Yes" をクリックすれば、そのサウンドフォント・ファイルがMuseScore のサウンドフォント・ディレクトリにコピーされます。このディレクトリは MuseSocre の環境設定で見たり変更したりすることができますが、既定の場所は次の通りです:

    • Windows: %HOMEPATH%\Documents\MuseScore2\Soundfonts

    • mac OS and Linux: ~/Documents/MuseScore2/Soundfonts

    ユーザーが追加したサウンドフォントとは異なり、MuseScore に付属する初期設定のサウンドフォントは、システム・ディレクトリに位置し、それが意味する通り、変更してはなりません。そのディレクトリと既定のサウンドフォントは次の通りです:

    • Windows (32-bit): %ProgramFiles%\MuseScore 2\sound\MuseScore_General.sf3
    • Windows (64-bit): %ProgramFiles(x86)%\MuseScore 2\sound\MuseScore_General.sf3

    • macOS: /Applications/MuseScore 2.app/Contents/Resources/sound/MuseScore_General.sf3

    • Linux (Ubuntu): /usr/share/mscore-xxx/sounds/MuseScore_General.sf3 (with xxx being the MuseScore version)

    アンインストール

    サウンドフォントをアンインストールするには、そのサウンドフォントがインストールされているフォルダーを開き、削除します。

    SFZ

    SFZ は多くのファイル、ディレクトリ、SFZ ファイル、WAVやFLAC形式の実際の音のファイルから成り立っており、SFZ ファイルはテキストファイルでどの音ファイルがどこに位置しどの楽器のどの範囲の音域で使われるかが記載されています。

    注: SFZ を完全にサポートするには MuseScore 2.1 以降が必要で、それ以前のバージョンでは Salamander Grand Piano に限られます。

    SFZ のインストール

    SFZ (→下記 参照) を見つけたら、SZF に属する全てのファイル (SFZ ファイルとその中にある実際の音のファイル全て) を 上記 のディレクトリへ手動で解凍します。

    アンインストール

    SFZ をアンインストールするには、ファイルをインストールしたフォルダーを開いて、それら全てを削除します。(上記 を参照ください。)

    シンセサイザー

    シンセサイザー は MuseScore の音の出力での中心となるコントロールパネルです。サウンドフォントを インストール したら、それを MuseScore で使えるようにするにはシンセサイザーに追加する必要があります。別のサウンドフォントをデフォルトにするには、それをシンセサイザーに追加し 規定値に設定 をクリックします。

    シンセサイザーを表示するには、メニューを 表示シンセサイザー と進みます。詳細については シンセサイザー を参照ください。

    Synthesizer_jp.png

    ダウンロード可能なサウンドファイルのリスト

    GM サウンドフォント

    以下のサウンドlibraryは General MIDI (GM2) 標準に準拠しています。この仕様では128の仮想楽器と打楽器の音源が提供されています。

    オーケストラ サウンドファイル

    ピアノ サウンドファイル

    SF2 ピアノ
    SFZ ピアノ
    • Salamander Grand Piano
      ダウンロード: バージョン 2 | バージョン 3
      説明: Yamaha C5, 48kHz, 24bit, 16ベロシティレイヤー, 80 MB ~ 1.9 GB 非圧縮
      ライセンス: Creative Commons Attribution 3.0
      Alexander Holm作
    • Detuned Piano (244 MB 非圧縮)
      ライセンス: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0
    • Plucked Piano Strings
      説明: 44.1kHz, 16bit, ステレオ, 168 MB 非圧縮
      ライセンス: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0
    • The City Piano
      説明: Baldwin Baby Grand, 4ベロシティ レイヤー, 696 MB 非圧縮
      ライセンス: Public domain
      Big Cat Instruments作
    • Kawai Upright Piano, release 2017-01-28
      説明: 68サンプル, 44KHz, 24bit, ステレオ, 2ベロシティ レイヤー, 58MB 非圧縮
      ライセンス: GNU General Public License version 3 or later, with a special exception
      Gonzalo and Roberto作

    ダウンロードしたサウンドファイルの解凍

    サウンドファイルはサイズが大きいため圧縮されることもしばしばあり、.zip .sfArk .tar.gz、などの圧縮形式が使われます。それらのファイルを使用する前に解凍する必要があります。

    • ZIP は一般的な圧縮形式で、様々なOSでサポートされています。

    • sfArk はサウンドファイルを圧縮する目的で開発されています。sfArk software というソフトウェアを使って解凍するか、次のオンラインサービスを利用します: https://cloudconvert.com/sfark-to-sf2

    • .tar.gz は Linux で一般的な圧縮形式です。Windows ユーザーであれば 7-Zip を利用することができ; Mac ユーザーであれば [The Unarchiver] (http://unarchiver.c3.cx/unarchiver)。macOS にはアーカイブ・ユーティリティーが内臓されています。7-Zip を使う際、一度 GZipに、その次に .tar と2度解凍する必要があります。

    トラブルシューティング

    ツールバーの再生パネルが灰色あるいは表示されず利用できない場合、次の手順に従って音が再度利用できるようにします。

    • 表示トランスポートツール のメニュー項目の隣にチェックマークがあるかを確かめます。メニューの該当項目をクリックするとチェックマークを付けたり消したりできます。この手順で問題が解決できなければ、次の手順に進みます。
    • サウンドフォントの変更後に再生パネルが使えなくなった場合は、編集環境設定...I/O tab と進み、何も変更しないまま OK をクリックします。MuseScore を再起動すると、再生パネルが表示されるようになるはずです。

    初めてサウンドフォントの設定を行う場合は、上記の推奨されるサウンドフォントのいずれかを使用してください。

    再生が途切れる場合は、コンピュータが使用中のサウンドフォントを使いこなせていない状況です。次の2つの解決法があります。

    1. より小さなサウンドフォントを使い、MuseScore に要する メモリの使用量 を減らす。上記のリストを参考にしてください。
    2. MuseScore 以外の他のアプリケーションをすべて終了することで、MuseScore が利用できる メモリの使用量 を増やす。それでも問題が続き、その大きなサイズのサウンドフォントを引き続き利用するには、コンピュータの RAM を増やすことを検討しましょう。

    参照

    Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.