テキストの基本

Updated 6 ヶ月 ago
This is an archived handbook page written for MuseScore 2
Navigate to the handbook page for MuseScore 3: テキストの基本

    テキストを加える

    スコアにテキストを元とする要素を加えるには、以下一般的な方法のいずれかを使います:

    • キーボードショートカット: 例えば 譜表テキスト を加えるには Ctrl+L を押すといった方法です。

    • メニューコマンド: [追加]→[テキスト] でテキストを元とする要素を選んで入力することができます。

    • ワークスペース: 音符を選択してパレットのアイコンの一つをダブルクリックする; あるいは、例えば スウィングテンポ 等をパレットから譜表の上にドラグします。

    : (1) テキストの種類により入力の方法は異なるので、詳しくは テキスト を参照ください。(2) 一般的な目的で譜表に加える テキストボックス については、 譜表と段テキスト を参照ください。

    テキストのフォーマット

    スコアに用いるテキスト要素には、どれにも3段階の設定があります:

    テキストスタイル

    これがフォーマットの一番上位にあり、スコアの特定クラスのテキストのスタイルを設定します。例えばテンポ、歌詞、コード記号等々、全ての 譜表テキストには特有のテキストスタイルがあるという具合です。MuseScore では予め既定したテキストスタイルになっていますが、それをカスタマイズすることもでき、独自のものを作成することも自由です。

    テキストスタイルを編集するには、次のどちらかの方法を使います:

    • メニューを [スタイル]→[テキスト…] と進む
    • そのテキストを右クリックし [テキストスタイル…] を選択する

    : テキストスタイルを変更すると、そのテキストスタイルを利用する全てのテキスト要素に影響します。

    さらに詳細は テキストスタイル を参照ください。

    テキストプロパティ

    書式設定の次の段階にあるのがこれで、_特定する1つのテキスト要素のスタイルのみに影響します。他のテキスト要素を変更することなく "その1つのテキスト要素" のプロパティを編集するには:

    • そのテキスト要素を右クリックし、[テキストのプロパティ…] を選択します。

    さらに詳細は、テキストプロパティ を参照ください。

    テキスト編集

    テキスト要素で実際に文字を編集中であれば、個々の文字に、太文字斜体、フォント、フォントサイズ、上付き文字、下付き文字など、特定のフォーマットを適用することができます。テキストを編集するには:

    • そのテキストをダブルクリックするか、

    • そのテキストを右クリックして "要素の編集" を選択するかしてから、

    • そのテキストをクリックし、Ctrl + E (Mac: Cmd + E) を押します。

    さらに詳細は テキスト編集 を参照ください。

    テキスト要素の位置を調整

    選択したテキスト要素の位置決めは、次の方法を使います:

    • その要素をドラグする。
    • その要素を選択し、インスペクタ 内で垂直位置・水平位置のオフセット値を調整する。
    • その要素を選択し、次のキーボードショートカットのいずれかを利用する:
      • : 左に 0.1 sp 移動 (1 sp は譜表の隣接する2本の線の間隔を云い、ページ設定 で既定されます)
      • : 右に 0.1 sp 移動
      • : 上に 0.1 sp 移動
      • : 下に 0.1 sp 移動
      • Ctrl+ (Mac: +): 左に 1 sp 移動
      • Ctrl+ (Mac: +): 右に 1 sp 移動
      • Ctrl+ (Mac: +): 上に 1 sp 移動
      • Ctrl+ (Mac: +): 下に 1 sp 移動

    Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.