テンポ

Updated 10 ヶ月 ago
This is an archived handbook page written for MuseScore 2
Navigate to the handbook page for MuseScore 3: Tempo

    テンポマーク は基本とアドバンス ワークスペース のテンポ パレット にあります。メトロノーム・マークの様に掲載されていますが、あなたの望むテンポや表示に編集して変えることができます。再生時のテンポは、表示・非表示を問わずスコアのいたるところに配したテンポマークにより変化します。

    テンポマークを加える

    次のいずれかの方法を使います:

    • 音符あるいは休符を選択し、キーボードショートカット Alt+T を押します。
    • 音符あるいは休符を選択し、 メニューバー追加テキスト...速度標語 に進みます。
    • 音符あるいは休符を選択し、テンポ パレット の適切なメトロノームマークをダブルクリックします。;
    • テンポ パレット のメトロノームマークを直接に音符あるいは休符の上にドラグ・アンド・ドロップします。

    : メニューあるいはキーボードショートカットでテンポマークを加えた場合、拍を示す音符は自動的に拍子記号に応じたものとなります。パレットから適用すると、拍を示す音符を 自分 で選べる点が有利です。

    テンポテキストを編集

    現在のテンポテキストを編集するには、そのテンポテキストをダブルクリックし テキスト編集モード に入って行います。全体の テキストスタイル や個別の記号の テキストプロパティ も必要に応じて編集することができます。

    テンポを編集

    スコアの再生は、1分当たりの拍数としてそのセクションに指定したテンポマークに従ってなされます。これを変えるにはメトロノームナンバー(Edit tempo text を参照ください) を変更することで行います。更に文字を加えることも任意で、例えば "Andante" を加えてみましょう。

    Metronome mark: Andante quarter note = 75

    メトロノームマークで記載されたテンポは例えば テキスト編集 で Andante や Moderato などの文字に代えられたとしても有効です。

    もし、表示されたテンポマークに関わらず特別なテンポでの再生を設定したいのであれば:

    1. テンポマークを選択し;
    2. Inspector の "速度標語" セクションにある "テキストに従う" のチェックを外します;

      Inspector, Tempo

    3. そしてその下にある "テンポ" で、指定したいテンポを設定します。

    : 再生パネル の "テンポ" 設定が 100% ではない場合、実際の再生は早くなったり遅くなったりします。

    リタルダンドとアッチェレランド

    リタルダンド ("rit.") や アッチェレランド ("accel.") のように次第にテンポが変化する指定も、段テキスト としてスコアに加えることはできますが、現在、再生には反映できません。でも、そういった効果を得るには、次第に遅くなるよう複数のテンポマークを非表示にして設定すれば可能です。次の例で、テンポはリタルダンドが始まる 110 BPM から続く各小節の最初の音符で 10 BPM づつ遅くなっています。各テンポ変更は インスペクタ表示 の指定を外して非表示にすれば、印刷時にはリタルダンドだけが表示されます。

    ritardando.png

    このプロセスを自動化する プラグイン が開発されました: TempoChanges

    フェルマータ

    アーティキュレーションと装飾 パレットにあるフェルマータには タイムストレッチ プロパティがあり、インスペクター を介して設定できます。初期値は 1.00 です。MuseScore での再生で通常の倍にしたい場合、そのフェルマータをクリックし、インスペクターの "タイムストレッチ" を 2.00 に設定します。

    再生パネル

    • 再生パネルを表示させる。: 表示再生パネル あるいは F11 (Mac: fn+F11)

      Play Panel

    • テンポスライダーを使って、スコアのテンポに対する % を変える

    この設定はスコアに保存されることはなく、スコアに設定した テンポマーク 全てに比例的に適用されます。スコアに複数のテンポマークがある場合、スライダーの上に表示される BPM (1分当たりの泊数) はスコアのどこにいるかによって変わってきます。一例として、80 BPM のテンポに対して 再生パネルで 120% に設定すると、再生時の実際のテンポは 96 BPM になり、再生パネルの % の上にその数値が表示されます。

    注: BPM は、実際に指定されている拍子記号に関わらず、1分当たりの4分音符の拍数として換算・表示されます。

    参照

    Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.