複前打音入力方法の解説について

• 7月 19, 2018 - 02:12

kazuma yamamotoさんからご紹介いただき、初めて書き込みます。

ハンドブック(PDF版)の92ページには「連続して装飾音符を加えるには、同じ操作を必要な回数繰り返します。」との記述があります。
これが複前打音(この言葉は最近まで知りませんでしたが「楽典 理論と実習(音楽之友社)」に有りました)の入力方法の解説なのだと思いますが、理解に少し戸惑いました。
「連続して」が「加える」にかかっているので、同一の音符に対する操作なのか、つぎの音符に対する操作なのか、やや不明確に思います。

英文のハンドブックでは「To add as equence of grace notes to a regular note, simply repeat the above actions as many times as required.」とあります。「as equence」は「a sequence」の間違いでしょうか。

「連続する装飾音符を加えるには~」と「連続」が「装飾音符」に掛かるようにした方がわかりやすいと思います。

なおこの文の次に「音高を変える (下記) を参照ください。」とも有りますが、これだと前の文の詳しい説明がそこに有るかのようです。
(英文)See also, Change pitch (below).
助詞を並列の「も」に換えて「音高を変える (下記) も参照ください。」が適切だと思います。
「装飾音符の音高を変えるには」を付け加えればなお親切でしょう。原文からは離れてしまいますが。


Comments

「装飾音符の音高を変えるには」を付け加えた場合は「を」のままの方が良いですね。
「装飾音符の音高を変えるには、音高を変える (下記) を参照ください。」

Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.