フィンがリングをTAB譜の下に入れたい

• 11月 9, 2019 - 23:38

基本的な位置は五線譜の上か下になるようですね。
したがって、「自動位置」を解除し、意図する位置にドラッグしています。
この際、フィンがリングの位置を五線譜から余分に離しておかないと、解除した際
数字が音符と重なったりしてとてもやりづらいこともあります。
もっと簡単な方法はないものか?お聞きしますので、よろしくお願いします。


Comments

フィンガリングのオフセット値を変更してはいかがでしょう。
フォーマット→スタイル→テキストスタイル→フィンガリング
で設定できます。
フィンガリングオフセット.png
この設定はインスペクタでオフセット値を変更してから、その右にある「S」をクリックしても可能です。
フィンガリングインスペクタ.png

In reply to by hasuhikaru21

「グリッドに固定するボタン」という言い方が紛らわしかったでしょうか。マウスポインタを当てたときに表示されるツールチップでは「垂直方向のグリッドに配置する(0.5spづつ)」「水平方向のグリッドに配置する(0.5spづつ)」となっていますね。

添付の画像では少し濃いグレーになっていますので、ON の状態でしょう。
この状態でドラッグするとOFF の時の動き方とは違うのがおわかりと思います。(文字で表現するのは難しいですが)カクカクと動きます。0.5sp 単位で動くのでこれを利用すれば細かい位置合わせがしやすいという訳です。

グリッドそのものは目に見えないので、私の希望としては「グリッドの表示 / 非表示」という機能が有ってもよいと思っています。

In reply to by yasumasa_yamada

ひとつ発見しましたのでお知らせします。
これまでに述べたのは5線譜に書かれた音符をアンカーとしたフィンガリングをどう配置するかということでしたが、

タブ譜を右クリック → 譜表/パートのプロパティ → 高度なスタイルのプロパティ → TAB譜のフィンガリングを表示をチェック

で、タブ譜の数字をアンカーとしてフィンガリングを書けるようです。

Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.