セクション区切りでDSの時の再生が止まります。

• 5月 25, 2020 - 07:34

申し訳ありませんが、前の質問の「Fine 後の再生が出来ません。」の関連です。
質問事項が二つに成るため、トピックを分けさせて頂きました。

4楽章から成るスコアーで、3楽章の最後の小節にセクション区切りとD.S.al Fine を付けると、再生時に、D.Sの部分で、次の楽章に行く位の時間、再生がストップし、その後DSします。

再生がストップせずにD.S.する方法をご存じの方、よろしくお願いします。


Comments

In reply to by y_yamada

Res 有り難うございます。
これで前の質問(Fine 後の再生が出来ません。)も解決しましたが、再生で3楽章から4楽章へ行く時に間が空かず、3楽章の続きのように再生してしまいます。
3楽章と4楽章の間は再生時に数秒間間を取りたいのですが、良い方法が有りましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

In reply to by gyfsorisuto

そうですよね。fine の後に一時停止したいですね。そのものズバリの機能は多分ないと思うので、何か裏技的な工夫が必要だと思います。
次の楽章の前に一小節入れる方法をふたつ考えました。ご参考までに添付しますが、いずれも見栄えが良くありません。なにかうまい方法があれば良いのですが。

添付 サイズ
サンプル.mscz 7.7 KB

In reply to by y_yamada

RES 有り難うございます。サンプルまで作成して頂き、本当に有り難うございます。やはり裏技しかないようですね。

これは、バグと考えて良いでしょうか?
多楽章に亘る場合、各楽章の区切りにセクション区切りを入れるが、再生において、中間の楽章にD.S. al Fine が有る場合[セクション区切り]のインスペクターに有る[一時停止]の秒数だけ再生を停止する。
本来はDS時には停止せず、Fine後に[一時停止]の秒数だけ再生を停止し、次の楽章に進むべきで有る。

In reply to by gyfsorisuto

ご希望を実現するには
「fine の位置にセクション区切り(または一時停止する機能)を入れ、一回目の再生の時は無視し、二回目の時に有効になる。」
とできれば良いのではないかと思っています。

現在このようなことが出来ないのは、(プログラミングについては素人なのでバグかどうかはわかりかねますが)直感的にはバグというよりそのような設計なのだろうと思っています。バグの報告よりも新しい機能のリクエストではないでしょうか。

In reply to by y_yamada

RES有り難うございます。
fine の位置にセクション区切りを入れると、その後の小節の小節番号がクリアーされて、1から始まってしまいます。3楽章の途中から小節番号が1に戻ると困りますので、やはりセクション区切りは3楽章の最後に置くべきでは無いかと思います。従いまして、D.S. al Fine の時はセクション区切りを無視し、Fineの時に有効に成るようにし、次の楽章の再生を続行する。このようなことではいかがでしょうか。

言われるように、このような設計かも知れません。
新しい機能のリクエストフォーラムがどこにあるのか分かりませんので、もしご存じでしたら教えてください。
よろしくお願いします。

In reply to by gyfsorisuto

>3楽章の途中から小節番号が1に戻ると困りますので、
なるほど、なるほど。納得です。

>D.S. al Fine の時はセクション区切りを無視し、Fineの時に有効に成るように
これですと、セクション区切りの一時停止機能が置いた位置では働かず、別の位置(Fine の位置)で働くということになりますね。他のすべての機能はそれを置いた位置で働くようになっていますので、その点で不統一になるのは不都合ではないでしょうか。
セクション区切りとは別に「一時停止のみの機能」があれば良いのかなと思います。

新しい機能のリクエストフォーラムは日本語サイトにはないみたいですね。
Feature request 
https://musescore.org/en/forum/7

In reply to by y_yamada

RES 有り難うございます。
英語は苦手ですので、の日本語のバグのフォーラムへ、新機能のリクエストかも知れないというコメントも付けて、一応報告しておこうと思います。
色々有り難うございました。
取り敢えずダミーの小説を入れることで解決する事が出来ました。有り難うございました。
これからもよろしくお願いします。

In reply to by gyfsorisuto

暫くこっちを覗いていなかったのですみません。
ご参考になればと思います。
私の場合はこんな方法でやってます。
小節番号は楽章毎にとってますのでセクション区切りで問題ありませんが、継続する場合はオフセットを指定します。

添付 サイズ
D.C al Fine_Sample.mscz 15.79 KB

In reply to by hachi.ike

ああ、目からうろこが落ちました。感動的です。
水平フレームを使うなどして他の段を調整すれば見た目は完璧といえそうです。

ところで、
小節を選択した状態でインスペクタを開き「割り振り→後ろの間隔」
ですが、「後ろの間隔」が見つかりません。
V.3 で廃止されたのかな。

In reply to by y_yamada

今回の問題とはちょっと異なりますが、ご参考までに。
楽章毎をセクション区切りで区切る場合で、楽章の最終小節にリピートが有るときには、この方法と同じ様にリピート後に空白の最短の非表示小節を追加してセクション区切りを楽章の最後追加します。
すると非表示小節でセクション区切りに設定のポーズを取り次の楽章に進みます。
こうしないとリピート時にポーズが働いてしまいますので・・・。

In reply to by y_yamada

そのとおりです。
D.C.にせよD.S.にせよリピートにせよセクション区切りと分離して、繰り返し動作が完了してからセクション区切りに至るようにする事です。
ただ、Fineの扱いが難しく『曲の終わり』の概念なので、セクション区切りの外(後ろ側)で使うしか無いようです。
ありがとうございます。

Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.