再生モード

Updated 8 ヶ月 ago

    再生ツールバー

    基本的な再生機能はドキュメント・ウィンドウの上にある ツールバー からアクセスします。

    Playback toolbar

    それらアイコンは左から右へ:

    • MIDI入力 切替
    • 開始位置に戻る: スコアの最初、あるいはループ設定をしている場合にはそのループの最初、に戻ります。
    • 再生 / 停止: 再生の開始/停止 をご参照ください。
    • ループ再生 切替: ループ再生 をご参照ください。
    • 反復再生: 繰り返しをしたくない場合には、これをオフにします。
    • 自動的にスコアを動かす: スコアをスクロールさせたくない場合には、これをオフにします。
    • メトロノーム: メトロノームをオン・オフします。

    再生コマンド

    再生開始/停止

    再生を開始するには:

    1. 音符、休符か小節の空白部分をクリックして、開始位置を決めます。: 決めない場合には、最後に再生をオフにした場所、あるいは再生したことがなければスコアの初め、が開始位置になります。
    2. 再生 ボタン、あるいは Space を押します。

    再生中に音符・休符・をクリックすると、再生位置がそこに飛びます。

    再生を停止するには:

    • 再生 ボタン、あるいは Space を押します。

    再生中

    再生を開始すると、次のコマンドが使えます。

    • 前のコードへ戻る:
    • 次のコードへ進む:
    • 前の小節の頭に戻る: Ctrl+ (Mac: Cmd+)
    • 次の小節の頭に進む: Ctrl+ (Mac: Cmd+)
    • スコアの初めに戻る: Home (Mac: +Home); あるいは再生ツールバーの 開始位置に戻る ボタンをクリック

    再生中も キーボードショートカット を使って、再生、シンセサイザー、ミキサーなどの パネル をオン・オフ出来ます。

    ループ再生

    • 再生を 停止 して、"ループ再生" ボタンを オン にし、
    • ループ再生したいスコアの範囲を 選択 して、
    • 再生ボタンを押します。

    これで、青い旗で表示された範囲が繰り返し再生されます。

    • "ループ再生" ボタンでループ再生のオン・オフを切り替えます。

    下の 再生パネル をご参照ください。

    再生パネル

    再生パネルを開くには、次のどちらかの方法を使います。

    • F11 (Mac: Fn+F11) を押す。
    • メニューから 表示再生パネル を選ぶ。

    Play Panel

    再生パネルを使って、テンポや音量を一時的に変更したり、特定の位置間をループ再生したりなどが可能です。

    • ループ再生: 開始位置の音符を選んで ループ開始位置の設定 ボタンをクリックし、終了位置の音符を選んで ループ終了位置の設定 ボタンをクリックします。ループ再生 切替 を押すとループ再生が始まります。再生中 もこれら設定が可能です。
    • 開始位置に戻る: 再生のコントロール
    • カウントイン: (指揮者のアイコン) 再生を開始する小節の頭にカウントインを加えます。小節の途中で始める場合には、追加の拍が加わります。オン・オフ切り替え。
    • メトロノーム: 最盛時のメトロノームのオン・オフ切替
    • テンポ: テンポを一時的に変えます。% と BPM (毎分拍) で表示され、ダブルクリックするとリセットされます。(注: テンポ を恒常的に変えるには テンポテキスト を使います。)
    • マスター音量: 音量を一時的に変えます (MuseScore を再度開くとリセットされます) 。注: そのスコアの 再生音量 の既定値を変更する点は、シンセサイザー をご参照ください。

    Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.