調号

Updated 1 ヶ月 ago

    標準的な 調号 は基本・アドバンスワークスペースの調号パレットに用意されています。調号のカスタマイズ (下記) もできます。

    Key Signatures palette (Advanced workspace)

    新しい調号を加える

    全ての 譜表に新しい調号を加える

    次のいずれかの方法を使います。

    • パレットから調号を小節の空白部分にドラグ
    • 小節を選択して、パレットの調号をクリック(Ver.3.4 以降 / 3.4 より前はダブルクリック)
    • 音符を選んで、パレットの調号をクリック(Ver.3.4 以降 / 3.4 より前はダブルクリック)

    一つの 譜表にだけ、新しい調号を加える

    他の譜表は変えず、1つの譜表の調号だけを変更したい場合:

    • Ctrl (Mac: Cmd) を押したまま、パレットから小節に調号をドラグします。

    既にある調号を入れ替える

    全ての 譜表の調号を入れ替える

    次のどちらかの方法を使います。

    • 既にある調号 (あるいはその調号がある小節) の上に、新しい調号をパレットからドラグ

    • 既にある調号を選択して、パレットで新しい調号をクリック(Ver.3.4 以降 / 3.4 より前はダブルクリック)

    一つの 譜表だけ調号を入れ替える

    他の譜表は変えず、1つの譜表でだけ調号を入れ替えたい場合:

    • Ctrl (Mac: Cmd) を押したまま、パレットから新しい調号を、既にある調号 (あるいはその調号を含む小節) の上にドラグします。

    調号を削除する

    次のどちらかの方法を使います。

    • 今ある調号をクリックし、Del を押下
    • アドバンスワークスペースのパレットにある空の調号を、その小節にドラグ

    調号を変更する場合のナチュラル記号の扱い

    MuseScore のデフォルト設定では、♯も♭も無い "ハ長調/イ短調" に変更した場合にのみ、ナチュラル記号を表示します。それ以外は取り消しの表示は無く、単に新しい調号を表示します。

    Default key signature changes

    しかし、全ての譜表の調号の変更 については、取り消しのナチュラルの表示を選べます。

    1. メニュ-を フォーマットスタイル...臨時記号 と進むと、次の選択肢が表示されます。

      Dialog: Style / General... / Accidentals

    2. 3つの選択肢から1つを選びます。

    3. パート譜 にいて、他のパート譜全てに適用したいのなら、全要素に適用 をクリックkします。
    4. OK ボタンをクリックして、終了します。

    "変更後の調号の前に配置" を選ぶと次のようになり、

    Naturals before key signature

    "シャープ系とフラット系が切り替わるときは変更後の調号の前に配置、そうでなければ後ろに配置" を選ぶと次のようになります。

    Naturals before and after key signature

    調号の変更と長休符

    調号の変更により 長休符 は中断します。

    Example with multi-measure rests

    慣例の調号

    特定の 慣例の調号を表示しないようにするには:

    • その調号を選択し、インスペクター の "調号" セクションの "慣例の調号を表示する" のチェックを外します。

    全ての 慣例の調号を表示しないようにするには:

    • メニューを フォーマットスタイル...ページ と進み、"慣例の調号を表示" のチェックを外します。

    : セクション区切り では、慣例の調号は表示されません。

    調号のカスタマイズ

    調号を独自に作るには:

    1. Shift+K を押して マスターパレット調号 セクションを開きます。

      Master Palette: Key signatures

    2. 調号作成 パネルで、下側パレットから上側 "譜表" に臨時記号をドラグし、求める調号を作ります。: ト音記号は例として表示されていて、ここで作成したカスタム調号は全ての譜表に適用できます。

    3. クリア ボタンを押すと "譜表" 上の臨時記号が全て削除されるので、必要に応じてご利用ください。

    4. 新しい調号として中央パネルのライブラリに移動するには、追加 を押します。ライブラリから調号を削除するには、それを右クリック (Mac: Ctrl-クリック) し、表示されるドロップダウンメニューで削除 を選びます。

    注: 特製の調号に対する制限があり、通常の方法では移調できません。移調が必要な場合、あるいは音部記号が変更となる場合には、新たにカスタム調号を作成する必要があります。

    マスターパレットから調号を カスタムパレット に移動するには、

    • 調号をパレットにドラグ・アンド・ドロップします。

    調号をマスターパレットから直接スコアに適用するには、次のどちらかの方法を使います。

    • 小節を選択し、マスターパレットの調号をクリック(Ver.3.4 以降 / 3.4 より前はダブルクリック)します。
    • マスターパレットから調号を小節上にドラグするか、一つの譜表にのみ適用するには Ctrl (Mac: Cmd) を押したまま、ドラグします。

    Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.