表示メニューとナビゲーション

    表示メニュー

    サイドバー/パネルの表示

    ズーム イン/アウト

    スコアをズームイン・アウトするには複数の方法があります:

    • キーボードショートカット

      • ズームイン: Ctrl++ (Mac: Cmd ++)
      • ズームアウト: Ctrl +- (Mac: Cmd +-)
    • 表示メニュー:

      • ズームイン: 表示拡大
      • ズームアウト: 表示縮小.
    • マウス

      • ズームイン: Ctrl (Mac: Cmd) キーを抑えたまま、マウスホイールをアップ
      • ズームアウト: Ctrl (Mac: Cmd) キーを抑えたまま、マウスホイールをダウン
    • ドロップダウンメニュー: 特定の倍率にするには、標準ツールバーのページビュー・連続ビューの左にあるドロップダウンメニュー使えば 25–1600 % とでき、あるいは、"ページの幅"、 "全ページ"、 や "2ページ"、を選ぶこともできます。

    Zoom_jp3.png

    • 100% 倍率に戻る には、キーボードショートカット Ctrl+0 (Mac: Cmd+0) を使います。

    ツールバー (表示)

    MuseScore 2.1 からこのメニューオプションが加わり、ドキュメントウィンドウの上のツールバーを表示・非表示するこkとができるようになりました。: [ファイル操作、再生のコントロール、コンサートピッチ、イメージキャプチャ、音符乳両区 (下記 ツールバー を参照ください)]

    ステータスバーの表示

    画面下の ステータスバー は、スコアの要素に関する情報を表示します。
    表示・非表示を切り替えるにはこのオプションのチェックを付け・放します。

    表示の分割

    表示領域を分割して 2 つスコアや、1 つスコアの異なる 2 か所をを同時に見ることができます。画面間を移動するにはタブキーを使います。2 つの間の境界線をドラグすると、表示範囲を変えることができます。

    • __左右に表示_: ウィンドウを縦に2つに分割します。

      Documents side by side

    • 上下に表示: ウィンドウを横に分割し、上下に表示します。

      Documents stacked

    表示のオプション

    このセクションを使って、印刷されない要素を表示・非表示することができます。:

    • 非表示属性を見せる: 印刷やエクスポートで 非表示 となる要素を表示/非表示。このオプションをチックすると、非表示属性の要素は明るい灰色での表示になります。
    • 非印刷属性を見せる: 区切りとスペーサー 記号を表示/非表示
    • フレームの表示: フレーム 枠を表示/非表示
    • ページ余白の表示: ページ余白 を表示/非表示

    フルスクリーン

    フルスクリーンモードでは MuseScore が画面一杯に広がり、より多くの内容が表示されます。

    Full screen

    ページビュー/連続ビュー

    ツールバー にあるドロップダウンリストを使えば、スコアを2つの異なる表示にすることができます。

    Viewing Modes

    ページビュー

    ページビュー では、印刷した場合や、PDF・画像ファイルにエクスポートした場合と同様のフォーマットとなり、ページ毎で、余白を含み、区切りは自動的で、画面スペースに表示できる大きさで。譜表や段の 区切り は自由に独自の設定にできます。

    連続ビュー

    連続ビュー では、スコアは一つの連続した譜表として表示されます。開始位置が表示範囲外となる場合は、小節番号、楽器名、音部記号、拍子記号、調号が画面左に表示されます。

    Example of continuous view

    注: ページビューより連続ビューのほうがレイアウトが簡単なので、MuseScore の処理がより高速です。

    ツールバー

    toolbar_jp.png

    ツールバーメニューバードキュメントウィンドウ の間に位置しています。特定の機能を果たす記号が表示され、次のように分けられています。:

    • ファイル操作: 新しいスコアの作成、ファイルからスコアの読み込み、スコアをファイルに保存、スコアを印刷、最後の変更を元に戻す、取り消す
    • ズーム/ページビュー.
    • トランスポートツール: MIDI Input を有効にする、開始位置に戻る、再生/停止、ループ再生、反復再生、メトロノーム
    • 合奏調(実音): スコアを記譜したまま、もしくは合奏調(実音)で表示
    • イメージキャプチャ: スコアの一部の スナップショット を作る
    • 音符入力: 音符入力モード、音価、タイ、休符、臨時記号、方向変換、声部(1, 2, 3, 4)

    どのツールバーを表示するかは、ツールバーの空白部分を右クリックすると表示されるメニューで各オプションをチェック・アンチェックします。このメニューで ピアノキーボード選択 サイドバー、テキストツールパレット、と インスペクター を表示・非表示することもできます。Ver 2.1 であれば、表示ツールバー でチェック・アンチェックすることが出来ます。

    サイドパネル

    ワークスペースインスペクタ選択フィルタサイドパネル としてスコア画面の左や右に表示すると便利です。所定の位置から動かすには、次の方法を使います:

    • パネルをドラグ;
    • パネル上部の二重山形の記号をクリック;
    • パネル上部のタイトル領域をダブルクリック

    パネルを所定の位置にするには、次の方法を使います:

    • そのパネルを既存のパネルの上あるいは下にドラグすると、上下に表示されます。
    • そのパネルを既存のパネルの中ほどにドラグすると、既存のパネルに重ねて表示されます。2つのパネルはタブキーを使って使分けます。

    あるいは、そのパネルのタイトルバーをダブルクリックすると、元あった位置に戻ります。

    スコア上の移動をするのに役立ついろんなコマンドがあり、キーボードショートカット: ナビゲーション を参照ください。

    スコアが長くて今どこにいるかを確かめたかったり、特定のページに移動したい場合には、ナビゲータを画面の下に表示させて利用します。表示・非表示するには、表示 メニューから、ナビゲータ を選ぶか、キーボードショートカット F12 (Mac: fn+F12) を利用します。ページを横にスクロールする場合にはドキュメントウィンドウの下に、縦にスクロールする場合にはドキュメントウィンドウの右に、表示されます。(環境設定: キャンバス をご参照ください)

    Navigator

    青い四角はウィンドウに表示されているスコアの範囲を示しています。青い四角かスクロールバーのどちらかをドラッグするか、行きたい場所をクリックします。

    検索

    検索 機能を使うと、そのスコアの中の小節、リハーサルマークやページを指定し、速やかに移動することが可能です。

    1. Ctrl+F (Mac: Cmd+F) を押すか、メニューの 編集検索 を選びます。すると 検索 (あるいは Go to) バー がワークスペースの下に表示されます。
    2. 次のオプションのどれかを使います:
      • 小節 に行くには、小節番号を入力 (弱起の小節やセクション区切り、手動での小節番号の増減に関わらず最初を1とした連続する小節番号です。)
      • リハーサルマーク へ行くには、その名称を入力 (最初の文字は検索する文字でなくてはなりませんが、それに続くのは文字でも数字でも構いませんし、大文字小文字の区別はありません。)
      • 数字のリハーサルマーク へ行くには、番号を xx とすれば rxx の記載要領で入力します。リハーサルマークが "R" で始まる場合には rrxx とします。"P" で始まり数字に続くリハーサルマークであれば rpxx とします。この方法は version 2.1 から利用できます。
      • ページ に行くには、ページ番号を pXX (XX がページ番号) の要領で入力 (Ver. 2.1 以前である場合、P+数字 のリハーサル番号は検索できません。)

    参照

    Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.