ファイルフォーマット

Updated 2 週間 ago

    MuseScoreは広範囲なファイルフォーマットでのインポート/エクスポートができるので、あなたのニーズに合うファイルフォーマットでスコアの共用や公開が可能です。

    MuseScore の独自フォーマット

    MuseScore は次の独自フォーマットで、ファイルを 保存 します:

    • *.mscz: デフォルトの MuseScore ファイルフォーマットです。圧縮形式であり、比較的小さなディスクスペースとなります。
    • *.mscx: 非圧縮の MuseScore ファイルフォーマットで、主にデバッグやバージョン管理に用いられます。
    • .*.mscz, / .*.mscx,: これらはバックアップファイルです。ファイルの頭にピリオド( .) が、ファイル拡張子の後にコンマ( , )がついているのが特徴です。

    フォントについての注: MuseScore はファイルの保存やエクスポートにテキストフォントを含みません。もし他のパーティと MuseScore を共用する場合には、 FreeSerif か FreeSans フォントを使用するか、あるいは他のパーティがあなたと同じフォントをインストールしていることを確かめておく必要があります。システムにこれらフォントが無い場合、MuseScore はフォールバックを使うことになり、それによりそのスコアは異なった表示となる場合があります。

    MuseScore フォーマット (*.mscz)

    MSCZ は MuseScore の標準フォーマットで、ほとんどの用途に推奨されます。このフォーマットで保存したスコアは小さなディスクスペースで済みますが、必要な情報を維持しています。このフォーマットは .mscxファイルを ZIP 圧縮したもので、スコアに含まれる画像と表題を含みます。

    非圧縮 MuseScore フォーマット (*.mscx)

    MSCXは 非圧縮バージョンの MuseScore ファイルフォーマットです。このフォーマットで保存したスコアは、画像を除く全ての情報を保持しています。テキストエディターで開くことができ、ファイルのソースコードにアクセスすることができます。

    MuseScore バックアップファイル (.*.mscz,) or (.*.mscx,)

    バックアップファイルは自動的に作られ、通常の MuseScore ファイルと同じフォルダーに保存されます。バックアップコピーは前回保存された MuseScore ファイルで、通常のファイルが壊れた場合や、そのスコアの以前のものを見たい場合に重要です。

    バックアップファイルは、ファイル名の最初にピリオド ( . ) 、そして最後にコンマ ( , ) が付きます (例: 通常ファイル名が "untitled.mscz" であれば、バックアップコピーのファイル名は ".untitled.mscz," となります。) から、バックアップファイルを MuseScore で開くには、そのピリオドとコンマを削除する必要があります。バックアップファイルは通常の MuseScore ファイルを保存しているのと同じフォルダーに保存されるので、固有の名称(例 ".untitled.mscz," を "untitled-backup1.mscz") にしておく必要もあるでしょう。

    注: MuseScore のバックアップファイルを見るには、システムを "隠しファイルの表示" の設定に変更する必要がある場合があります。詳細は How to recover a backup copy of a score をご参照ください。

    グラフィックファイル (エクスポートのみ)

    MuseScore はスコアを一つのグラフィックファイルとして、PDFPNG あるいは SVG フォーマットで エクスポート できます。

    PDF (*.pdf)

    PDF (Portable Document Format) ファイルは、内容を編集しなくても良い人と楽譜を共用するのに理想的です。広く用いられており、ほとんどのユーザーは既に PDF を見るコンピュータソフトを持っているでしょう。

    エクスポートする PDF の解像度を設定 :
    1. メニューバーから 編集環境設定... (Mac: MuseScore環境設定...) へと進み、"エクスポート" タブを選んで;
    2. "PDF" セクションの [解像度]を設定ます。.

    PNG (*.png)

    PNG (Portable Network Graphics) ファイルはビットマップ画像フォーマットに基づいていて、Windows、Mac OS、や Linux などのソフトウェアーで広く用いられていて、ウェブではごく一般的です。MuseScore は印刷するのと同様、1頁を1画像として PNG 画像を作ります。

    エクスポートする PNG 画像の解像度を設定:
    1. メニューバーから 編集環境設定... (Mac: MuseScore環境設定...) と進み 、"エクスポート" タブを選んで;;
    2. [PNG/SVG] セクションで [解像度] と [背景の透過] を設定します。

    : スコアの一部のみの画像を作成するには、フレームボックス・非表示の音符・音域外表示の音符など画面表示の有無に関わらず、 イメージキャプチャー を使います。

    SVG (*.svg)

    SVG (Scalable Vector Graphics) ファイルは、version 9 より前の Internet Explorer を除くほとんどのウェブ・ブラウザー、およびベクター・グラフィック・ソフトウェアで開くことができます。 ただし、SVGは組み込みフォントをサポートしていないので、これらのファイルを正しく見るには適切なMuseScoreフォントをインストールしておかなくてはなりません。MuseScore.com に 保存 されたスコアは全てSVG フォーマットです。

    エクスポートする SVG ファイルの [解像度] と [背景の透過] を設定するには、前述 PNG の説明を参照ください。
    注:スコア内の画像ではグラデーションに対応していますが、エクスポートにおいては現在未対応です。

    オーディオファイル (エクスポートのみ)

    MuseScore はスコアを WAV, MP3, OGG VORBIS, FLAC の形式で標準的なステレオ音源を作成することができます。音源ファイルにエクスポートするには:
    1. メニューからファイルエクスポート... と進み;
    2.ドロップダウン・メニューでファイル形式を選び、保存(S) を押します。

    全てのオーディオフォーマットについて、サンプルレート を調整することができ:
    1. メニューから 編集環境設定... (Mac: MuseScore環境設定...)と進み、エクスポート タブをクリックして:
    2. [オーディオ] セクションの [サンプル レート] を設定します。

    WAV オーディオ (*.wav)

    WAV (Waveform Audio Format) は非圧縮の音声フォーマットです。Microsoft と IBM により開発され、Windows、OS X と Linux 用のソフトウェアで広範囲にサポートされています。音質の全てが保存されるのでCDを作成するのに理想的なフォーマットです。しかし、Eメールやインターネットで共用するには MP3 などの圧縮版が代替して使われます。

    MP3 (*.mp3)

    MP3 は圧縮型の音源フォーマットとして、とても広く用いられています。MP3はファイルサイズが比較的小さいことから、インターネットでの共用やダウンロードするのに理想的です。

    MP3 ビットレート を設定するには:
    1. メニューから 編集環境設定... (Mac: MuseScore環境設定...)と進み、エクスポート タブをクリックして:
    2. [オーディオ] セクションの [MP3 ビットレート] を設定します。

    FLAC オーディオ (*.flac)

    Free Lossless Audio Codec (FLAC) は圧縮型のオーディオ・フォーマットです。FLACファイルは、良い音質を保ちながら非圧縮オーディオのほぼ半分のサイズです。WindowsやMac OSはFLACを予めサポートするようにはなっていませんが、無料でオープンソースの VLC media player はどのOSでもFLACファイルを再生することができます。

    Ogg Vorbis (*.ogg)

    Ogg Vorbis は、人気のMP3オーディオフォーマット (上記の通り MuseScore もサポートしています) に対するパテント・フリーな後継となることを目しています。MP3 と類似に、Ogg Vorbis ファイルは比較的小さい(非圧縮オーディオファイルの1/10と言われる)が、ある種の音質が損なわれています。WindowsとMacOS は Ogg Vorbis を予めサポートするようにはなっていません。が、[VLC media player] (http://videolan.org/vlc) や Firefox などは、どの OS でも Ogg ファイルを再生することができます。

    他の音楽ソフトウェアとの共用

    MuseScore は MusicXMLMIDI ファイルを インポート したり、その形式で エクスポート できます; また、他の音楽記譜プログラムの独自フォーマットのファイルをインポートすることもできます。

    MusicXML (*.xml)

    MusicXML は楽譜における世界標準です。MuseScore、Sibelius、Finale 等100を超えるの楽譜作成ソフトと楽譜を共用できるフォーマットとして、推奨されています。 MuseScore は *.xml と *.musicxml をインポートしますが、エクスポートは ".musicxml" のみです。他のプログラムで使うなど ".xml" が必要であれば、エクスポートの後、自分で名前を変える必要があります。

    圧縮 MusicXML (*.mxl)

    圧縮 MusicXML は、通常の MusicXML より小さなファイルを作ります。これは新しい基準であり、現時点では他の楽譜作成ソフトで広くサポートされているわけではありませんが、MuseScore はインポート、エクスポートのすべてに対応しています。

    MIDI (*.mid, *.midi, *.kar)

    MIDI (Musical Instrument Digital Interface) はシークエンサーや楽譜作成ソフトで広く用いられているフォーマットです。そのプロトコールの詳細については、MIDI Association のウェブサイトを参照ください。

    MIDIファイルはプレイバックにはとても有用なのですが、フォーマット、ピッチの表記、声部、装飾音、アーティキュレーション、繰り返しや調号など、スコアのレイアウトに関する情報はわずかしか含まれていません。他の音楽作成ソフトとファイル交換を行う目的には、それに代わるものとしてMusicXMLをお勧めします。

    MIDI ファイルのインポートについては、MIDI インポート をご参照ください。

    MuseData (*.md) (インポートのみ)

    MuseData Walter B. Hewlettが開発したフォーマットで、ソフトウェア間での音楽の共用の初期的方法として1983年に始まりました。MusicXMLにより影が薄くはなりましたが、何千ものスコアがこの形式で現在もオンライン提供されています。

    Capella (*.cap, *.capx) (インポートのみ)

    CAP と CAPX ファイルは、楽譜作成ソフト Capella で作られます。version 2000 (3.0) 以降のものはMuseScoreでかなり正確にインポートできます。

    Bagpipe Music Writer (*.bww) (インポートのみ)

    BWW ファイルは、楽譜作成ソフト Bagpipe Music Writer で作られます。

    BB (*.mgu, *.sgu) (インポートのみ)

    BB ファイルは、楽譜作成ソフト Band-in-a-Box で作られます。
    MuseScoreでのサポートは、現在試験段階です

    Overture (*.ove) (インポートのみ)

    OVE ファイルは、楽譜作成ソフト Overture で作られます。
    このフォーマットは、中国本土、香港や台湾など、主として中国語環境で人気があります。
    MuseScoreでのサポートは、現在試験段階です。

    Guitar Pro ( 各種 - インポートのみ)

    MuseScore は Guitar Pro のファイルで拡張子が *.gtp, *.gp3, *.gp4, *.gp5, *.gpx, のものを、そして version 3.5 ではさらに *.gp のものを開くことができます。

    Power Tab Editor (*.ptb) (インポートのみ)

    PTB ファイルは Power Tab Editor で作られます。 MuseScoreでのサポートは、現在試験段階です。

    参照

    外部リンク

    Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.