譜表を跨ぐ記譜

Updated 2 ヶ月 ago

ピアノ譜では、へ音記号とト音記号の2つの譜表に跨って曲のフレーズが記譜されるのが一般的です。MuseScore では次のように入力できます。:

  1. まず一つの譜表に記譜します。:例
    Beamed notes in upper staff

  2. 音符を選択し、Ctrl+Shift+ ↑/↓ (Mac: +Shift+ ↑/↓) を押します。これにより、同じ声部 の音符は上/下の譜表に移動します。:例
    Selected note moved to lower staff

注: コードのうちの一部の音符だけを動かしたい場合、動かしたい音符には別の 声部 を使います。

  1. 連桁を調整したい場合、連桁をダブルクリックしてハンドルを表示させ、キーボードの矢印キー を使うか、そのハンドルをドラグして連桁の角度や位置を調正します。:例
    Selected note moved to lower staff

参照

  • 縦線: 複数の譜表を跨ぐよう縦線を延長をするには
  • 連桁: 連桁の傾きと高さを調整するには

Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.