レイアウトとフォーマット

    スコアに対するレイアウトとフォーマットのオプションは、主に レイアウトスタイル のメニューから利用できます。

    レイアウトに関連する操作

    このセクションではスコアのレイアウトに関連する なコマンドとダイアログを記載します。フォーマットの他のオプションは、下の レイアウトメニュースタイルメニュー に記載しています。(テキストについては、テキストスタイルとプロパティ をご参照ください。)

    レイアウト メニューから:

    スタイル メニューから:

    • スコア スタイル: フォント、長休符の表示、空の譜表の非表示など、スコア全般に係る詳細を設定します。

    • ページ スタイル: 譜表や段の間隔、歌詞の余白といった全体の設定を設定

    • 小節 スタイル: 段当たりの小節数決定の主要因となる小節幅の設定

    • サイズ: 小音符、装飾音符、小譜表と小音部記号のサイズの規定値を設定

    他のコマンド:

    レイアウト メニュー

    ページの設定...

    ページの設定 を参照ください。

    リセット

    リセット コマンドは、選択したスコアの要素全てを規定位置に戻します。また音符については符幹・連桁の方向を元に戻します。これを行うには:

    1. リセットしたいスコアの要素あるいは範囲を 選択 するか、スコア全体が対象なら Ctrl+A を押して、
    2. Ctrl+R を押すか、メニューから [レイアウト]→[リセット] を選びます。

    間隔を広くする、間隔を狭くする

    Menu: Layout

    選択した範囲の小節で、音符の水平間隔を増減します。これを行うには:

    1. 小節の範囲を 選択; あるいは、Ctrl+A を押してスコア全体を選択し、
    2. 次のどちらかのオプションを実施:
      • 間隔を広くする には: キーボードショートカットの } (Mac: Ctrl+Alt+9); あるいはメニューから レイアウト間隔を広くする を実施。
      • 間隔をせまくする には: キーボードショートカットの { (Mac: Ctrl+Alt+8); あるいは、メニューから レイアウト間隔を狭くする を実施:

    Measure Properties: 小節幅の伸縮 も参照ください。より細やかな伸縮が設定できるでしょう。

    間隔をリセット

    伸縮状態を規定値の 1 sp にリセットするには:

    1. 該当範囲の小節 選択、あるいはキーボードショートカットの Ctrl+A でスコア全体を選択し、
    2. メニューから [レイアウト]→[全ての間隔をリセット] を実施

    連桁の様式をリセット

    連桁をその個所の拍子に定義された方法に戻すには:

    1. リセットしたい範囲を 選択。何も選択しなければ、スコ全体が操作の対象となります。
    2. メニューから [レイアウト]→[連桁の様式をリセット] を実施

    連桁 もご参照ください。

    リズムの再グループ化

    version 2.1 から、音符の タイ、音価、連桁 を修正して拍子に応じたグループ化を最大限に行うことができるようになりました。例えば:

    操作前:
    regroup_rhythms_before.png
    操作後:
    regroup_rhythms_after.png

    タイで繋がった音符が付点音符と同じ長さであれば、2つの条件の下で付点音符に変更されます。
    (i) タイで繋がった音符のグループでは付点となるのは最後の音符のみ
    (ii) 連桁の全ての音符が同じ長さである場合を除き、付点音符は連桁を超えて広がることはない
    複付点の音符はこれらの方法に従って再グループ化されます。

    適用するには:

    1. リセットしたい範囲を 選択 します。何も選択しないのであれば、スコア全体に適用されます。
    2. メニューから [レイアウト]→[リズムの再グループ化] を実施

    : 試験的な機能であり、確認されたバグがあります。アーティキュレーションと装飾音符は削除され、時に音高が変わります。縦線を超えるタイは UNDO 時に失われます。

    スタイルメニュー

    一般: スコア

    メニューから開くには: [スタイル]→[一般...]→[スコア]

    Dialog: Style / General... / Score

    このダイアログでは、音楽記号フォント、長休符の表示、空の譜表の表示・非表示、スウィング再生など、スコア全体に関するプロパティを設定します。

    • 音楽記号フォント: Emmentaler、Bravura、Gonville のフォントから選択
    • テキストフォント: Emmentaler、Bravura、Gonville、MuseJazz のフォントから選択
    • 合奏調(実音)で表示: このオプションをチェックすると、スコアを 合奏調 で表示できます。チェックを外せば、記譜された調での表示になります。
    • 長休符の作成: 長休符 での表示にはここをチェックします。
      • 空小節の最小数; 初期設定は 2
      • 小節の最小幅: 初期設定は 4 sp
    • 空の譜表を隠す: ある段で全てが空の小節である譜表を非表示とすると省スペースになります。スコアを短くしたい場合に用います。
    • 最初の段では空の譜表を非表示にしない: 最初の段では、全小節が空であっても非表示にしません。
    • 小節線を越えて音の長さを表示する: 古楽の記譜で有用な機能です。縦線の無い(一定の区切りが無い)記譜 をご参照ください。
    • 楽器が1つの場合、楽器名を非表示に: そんな場合には楽器名を表示する必要がないのが一般的でしょう。
    • スウィングの設定: 初期設定は オフ です。8分音符か16分音符でのスウィングを選べます。
      • スウィングの比率: 初期設定は 60%

    一般: ページ

    開くにはメニューから [スタイル]→[一般...]→[ページ] を選びます。

    Dialog: Style / General... / Page

    このダイアログで設定するのは、段・譜表・歌詞と垂直フレームの上下の間隔、スコア全体の指定に対する楽譜各ページの上下の余白です。調号、拍子記号、音部記号を表示を調整することもできます。

    score_layout_jp.png

    ページ余白との間隔
    譜表の間隔
    • 譜表間の距離: 大譜表ではない(下記参照)譜表間の間隔
    • 大譜表の距離: ピアノやオルガン、あるいはタブ譜を伴うギター譜など、同じ楽器の譜表間の間隔

    : 上記の間隔を特定の譜表でのみ変更するには 譜表の上の追加の間隔 (譜表プロパティ) を参照ください。

    段間隔
    • 最小段間隔: 隣り合う2つの段の間の最小間隔
    • 最大段間隔: 隣り合う2つの段の間の最大間隔
    歌詞の余白
    • 歌詞の上余白: 段において、一番上 の歌詞の行の上余白の高さ
    • 歌詞の下余白: 段において、一番下 の歌詞の行の下余白の高さ
    • 歌詞の行高: 段において、歌詞の行の間隔で、テキストスタイル に言う高さに対する % で表示
      .
    垂直フレームの余白
    • 垂直フレームの上余白: 垂直フレームの上の余白の高さ
    • 垂直フレームの下余白: 垂直フレームの下の余白の高さ
    最終段を右端まで延長する閾値
    • 最後の段がページ幅に対するこの割合より長ければ、ページ幅に広げる。
    音部記号・調号・拍子記号
    • 全ての段に音部記号を作成: このチェックを外すと最初の段を除き、各段の最初に音部記号が表示されません。
    • 全ての段に調号を作成: このチェックを外すと最初の段を除き、各段の最初に調号が表示されません。

    次の箱をチェックすると、慣例の記号が段の最後に表示されます:

    • 慣例の拍子記号を表示
    • 慣例の調号を表示
    • 慣例の音部記号を表示

    一般: ヘッダ, フッタ, 番号

    メニューから開くには: [スタイル]→[一般...]→[ヘッダ、フッタ、番号]

    Dialog: Style / General... / Header, Footer, Numbers

    スコアのメタタグ (スコア情報 を参照) の内容やページ番号をスコアのヘッダーやフッターに表示することができます。リンクしたパート譜があるスコアにヘッダやフッタを作成するには、スコアが現在作業中のタブであることを確かめます。個別のパート譜にヘッダーやフッタを作成するには、そのパート譜が現在作業中のタブであることが必要です。

    ヘッダやフッタのテキスト領域にマウスをあてがうと、マクロのリストが、その意味と既存のメタタグとその内容とともに表示されます。

    例えばページ番号を奇数ページでは右に、偶数ページでは左にといった具合に、ヘッダとフッタを偶数と奇数ページに分けて編集することができます。

    また、小節番号をどういった頻度で表示するかを編集できます。

    一般: 段

    メニューから開くには: [スタイル]→[一般...]→[段]

    Dialog: Style / General... / System

    ここでできるのは:

    • 段括弧やブレイス括弧と開始の縦線との 間隔
    • 段括弧・ブレース括弧の 線の太さ

    括弧 も参照ください。

    一般l: 小節

    詳細は スタイル 一般: 小節 を参照ください。

    一般: 縦線

    メニューから開くには: [スタイル]→[一般...]→[縦線]

    Dialog: Style / General... / Barlines

    • 譜表の頭に縦線を表示するかどうかを設定
    • 縦線を譜表サイズに調整 は、"小" 譜表にだけ有効です。外部リンクのSee Barline adjustment possibilities を参照ください。
    • 線の太さ、反復記号を含み複縦線の線間の間隔を調整

    一般: 音符

    メニューから開くには: [スタイル]→[一般...]→[音符]

    Dialog: Style / General... / Notes

    スコアから音符を右クリックし "スタイル..." を選ぶとこの頁に直接アクセスすることができます。ここでは音符に関する間隔や太さのオブジェクト (符幹、加線、臨時記号、付点) が調整可能です。これらを変更することは稀でしょう。

    一般: 音部記号

    メニューから開くには: [スタイル]→[一般...]→[音部記号]

    Dialog: Style / General... / Clefs

    タブ譜の記号を標準とセリフ体から選択できます。

    一般: アルペジオ

    メニューから開くには: [スタイル]→[一般...]→[アルペジオ]

    Dialog: Style / General... / Arpeggios

    次のアルペジオ記号の太さ、間隔、鍵の大きさの変更はここで行います:

    Arpeggio and strum symbols

    これらのプロパティを変更することは稀でしょう。

    一般: 符尾(連桁)

    メニューから開くには: [スタイル]→[一般...]→[連桁]

    Dialog: Style / General... / Beams

    一般: スラー/タイ

    メニューから開くには: [スタイル]→[一般...]→[スラー/タイ]

    Dialog: Style / General... / Slurs/Ties

    一般: サイズ

    メニュー: スタイル一般...サイズ

    Dialog: Style / General... / Sizes

    小音符、装飾音符、それに小譜表と小音部記号を設定します。これらを変更することは稀でしょう。

    一般: <>、反復記号、8va

    メニューから開くには: [スタイル]→[一般...]→[クレッシェンド、反復記号、8va]

    Dialog: Style / General... / Hairpins, Volta,Ottava

    この Reset value ボタンを使えば、設定は元に戻ります。

    一般: ペダル、トリル

    メニューから開くには: [スタイル]→[一般...]→[ペダル、トリル]

    Dialog: Style / General... / Pedal, Trill

    一般: コード記号, フレットボードダイアグラム

    メニューから開くには: [スタイル]→[一般...]→[コード記号、フレットボードダイアグラム]

    Dialog: Style / General... / Chord Symbols, Fretboard Diagrams

    このセクションで コード記号フレットボードダイアグラム のフォーマットと位置を調整することができます。

    表示: 標準、ジャズ、ユーザー定義のどれを初期値とするかを選択します。

    音符のスペル: 音符のスペルの方式と、コードを大文字あるいは小文字にするかを選択します。

    配置:

    • 垂直位置の規定値: スペース単位 (sp) で垂直位置を譜表から新たに加えたコード記号までの距離を設定。負の数値を使用可能。
    • フレットボードダイアグラムまでの間隔: コード記号とフレットボードダイアグラムが同じ譜表の同じ場所に適用された場合、その間の距離を sp 単位で指定。この指定は上記 "垂直位置の規定値" に先行します。負の数値を入力すれば、フレットボードダイアグラムの下にコード記号を位置させることができます。
    • 最小の和音の間隔: 隣り合うコード記号間の最小間隔
    • 縦線の距離の最大値: 小節の最後のコード記号と次の縦線の間の間隔を広げる。小節最後のコード記号が次の縦線と重なる状況の場合には、この値を調整するのが良いでしょう。

    カポ: カポタストの位置を入力すると、その位置での代替コード名がスコア全体に渡り括弧書きで表示されます。

    フレットボードダイアグラム:

    • 垂直位置の規定値: 新たに策k製するフレットボードダイアグラムから譜表までの距離で、 sp 単位。負の数値も使用可能。
    • スケール: スコア上のフレットボードダイアグラムのサイズを増減
    • フレット基準番号のフォントサイズ: フレットボードダイアグラムの隣に表示されるフレット番号のサイズの増減。
    • 位置 左/右: フレット番号をフレットボードダイアグラムの左・右どちらに表示するか
    • バレー線の太さ: フレットボードダイアグラムでのバーレ線を太く・細くする。

    一般: 数字付低音

    メニューから開くには: [スタイル]→[一般...]→[数字付低音]

    Dialog: Style / General... / Figured Bass

    数字付低音のフォント、スタイル、位置のオプションです。
    数字付き低音 も参照ください。

    一般: アーティキュレーション、装飾記号

    メニューから開くには: [スタイル]→[一般...]→[アーティキュレーション、装飾記号]

    Dialog: Style / General... / Articulations, Ornaments

    音符や譜表に対するアーティキュレーションの位置を設定します。

    一般: 臨時記号

    メニューから開くには: [スタイル]→[一般...]→[臨時記号]

    Dialog: Style / General... / Accidentals

    "調号を変更した場合のナチュラルの配置" のオプションです。

    一般: 連符

    メニューから開くには: [スタイル]→[一般...]→[連符]

    Dialog: Style / General... / Tuplets

    "適用" と "OK" ボタン

    適用 ボタンで、ウィンドウを閉じることなく変更の結果を見ることができます。OK はそのスコアに加える変更を保存し、ウィンドウを閉じます。

    一挙に "全要素に適用"

    あるパート譜のタブでレイアウトやフォーマットを変更している場合、(レイアウトページ設定... あるいは スタイル一般...) の全要素に適用 ボタンを押せば、行った変更の全てを全パート譜に一挙に適用できます。

    "スタイルの保存" と "スタイルの読み込み"

    スタイルの保存/スタイルの読み込み の機能を使えば、一つのスコアの一般設定、テキストスタイルページ設定) の全てをから他のスコアに持ち込むことができます。

    カスタマイズしたスタイルを 保存 するには:

    1. スタイル→スタイルの保存... に進み
    2. スタイルのファイル のファイル名を指定します。保存フォルダーの規定値は 環境設定) の通りで、スタイルのファイルの拡張子は *.mss となります。

    注: スコアやパート譜の好みのスタイルは MuseScore の環境設定のスコア セクションに保存することもできます。

    カスタマイズしたスタイルを 読み込み するには:

    1. スタイル→スタイルの読み込み... に進み
    2. スタイルのファイル (.mss) を選び 開く をクリック(あるいはファイルをダブルクリックします)

    そのスコアの既存のスタイルは全て自動的に修正されます。

    参照

    Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.