テキストスタイルとプロパティ

最終更新は 8 ヶ月前

    テキストスタイル

    テキスト 要素を作成した際、まず、それが相当するクラスに適用される全てのプロパティが適用されます。例えば、譜表テキストのオブジェクトはそれ独自のスタイルを持ち、テンポマーク、歌詞、コード記号なども同様です。

    テキストスタイル を見たり編集したりするには、メニューの [フォーマット] &rarr [スタイル…] &rarr [テキストスタイル] を選びます。そうして、各スタイルに対する次の テキストプロパティ にアクセスします。

    Text Styles dialog showing the text properties for staff text

    • 名称: 必要なら、ユーザースタイルに名前を変える
    • フォント / サイズ : フォント名 ( Times New Roman, Arial など)、サイズ (pt)の指定
    • 譜表サイズに従う:譜表サイズの変更にテキストのサイズが連動する score scaling
    • スタイル: イタリック体・太文字・下線の指定
    • 整列: 水平 (左揃え、中央揃え、右揃え) と垂直(垂直位置の上揃え、垂直位置の中央揃え、垂直位置の下揃え、垂直位置のベースライン揃え
    • : テキストの色
    • オフセット X/Y: 水平・垂直オフセット、sp 単位
    • フレーム: テキストを囲むフレームは丸・四角のどちらかを選択
    • 枠線: フレーム境界線の色
    • 背景: フレーム内の背景色
    • 太さ: フレームの線の太さ、sp 単位
    • 余白: フレーム内の余白、sp 単位
    • 角の丸み: フレームが四角の場合、角の丸み半径

      : 透過度は "色を選択" ダイアログの中の "アルファチャネル" パラメーターで設定し、値は "0 透明" と "255 不透明" の間です。

    また、スコアの中の求めるスタイルのオブジェクトを選択して インスペクタ の中でプロパティを調整することにより テキストスタイルのテキストプロパティを編集して、スタイルに設定__ ボタンをクリックすれば設定できます。そうすることにより、テキストスタイル とスコアにある関連テキストオブジェクト全てが自動的に更新されます。

    テキストオブジェクト

    テキストスタイル とは異なるフォーマットを 特定の テキストオブジェクト に適用したい場合には、それを選択しインスペクタ の中でテキストプロパティを調整します。

    Text section of the Inspector

    インスペクタ内で特定のテキストプロパティの変更を行ったが テキストスタイル 定義のプロパティに戻したい場合には、スタイルをデフォルトに戻す" ボタンを押します。

    テキストスタイルの保存と読み込み

    テキストスタイルをそのスコアの他のスタイルともに スタイルファイル として保存し、他の MuseScore ファイルに読み込むことができます。スタイルの保存と読み込み をご参照ください。

    参照

    まだ解決していない質問がありますか? 質問を投稿するにはまずログインしてください