テキスト

Updated 1 ヶ月 ago

    MuseScore には多くのテキスト(文字)要素(下記ご参照)があり、 を伴うテキストもあります。この章ではテキスト要素の作成、フォーマット、編集について、さらに下記タイプのテキストについても説明します。

    テキスト種類 使用
    譜表テキスト 単一の譜表に付ける一般用途のテキストで、その楽器のパートにだけ表示されます。
    段テキスト 単一の譜表に付ける一般用途のテキストで、全ての楽器のパートに表示されます。
    コード記号 メロディに関連付けた和音を、通常は譜表の上に表示されます。
    運指 音符に関連付けた番号か文字で、どの指を使うかを表します。
    歌詞 メロディに順じた歌詞を作成します。
    練習番号 リハーサルの目的で、スコアを部分に分けたり、パッセージに印をつけたりします。

    MuseScore で利用できる他のタイプのテキストについては、次のリンクを利用ください:

    テキスト種類 使用
    強弱記号 音符あるいはフレーズの音の大きさ
    通奏低音 キーボードのための長さ
    フレームテキスト スコアの初めに、タイトル/作曲者/作詞者 の詳細
    ヘッダー/フッター ページ番号、著作権情報等をページの上/下に
    楽器を変更 譜表の中途での楽器の変更に適用
    繰り返しとジャンプ Da Capo、Dal segno、Fine など
    ローマ数字分析(RNA) コードの分析方法の一つ
    スティッキング (ドラムの)音符に L や R の文字を付けて、どちら側の手・足を使うかを示す
    スウィングテキスト ストレートからスウィングへ、またその逆への変更
    テンポ記号 メトロノームや文字表現
    線テキスト 番号付き括弧、オッターバ、ギターのバレー線、など

    Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.