アーティキュレーションと装飾記号

Updated 1 ヶ月 ago
この翻訳は古くなっています。英語版を見て参考にしてください。: Articulations and ornaments

    該当する記号は、アドバンスワークスペースの アーティキュレーション パレット

    Articulations

    そして、アドバンスワークスペースの 装飾記号 パレットにあります。

    Ornaments

    基本ワークスペースの アーティキュレーション には縮小版があります。

    アーティキュレーション

    アーティキュレーション はスコアに加えられる記号で、音符やコードをどのように演奏するかを示します。このグループの主な記号には次のものがあります。

    • フェルマータ
    • スタッカート
    • メゾスタッカート / ポルタート
    • スタッカーティッシモ
    • テヌート
    • スフォルツァート
    • マルカート

    擦弦楽器、撥弦楽器、木管楽器などに特有のアーティキュレーションも含まれています。

    装飾記号

    装飾記号 には次のものが含まれます。

    • モルデント、回転モルデント、プラルトリラー
    • トリル
    • ターン
    • ベンド

    注: 前打音長前打音装飾音符 パレットにあります。

    アーティキュレーションを加える

    次のどちらかの方法を使います。

    • 音符を1つあるいは 範囲選択 して、パレットの記号をダブルクリック
    • パレットから記号を符頭の上にドラグ

    装飾記号に臨時記号を加える

    既に加えたトリルなどの装飾記号に臨時記号を適用するには:

    1. その装飾記号を加えた音符を選択し、
    2. マスターパレット記号 セクションを開き、
    3. 求める臨時記号を検索してスコアに 加える ("figured bass" を検索語に使って検索すると小さい臨時記号が見つけらます)。
    4. その臨時記号を望む位置にドラグ。(あるいは キーボードショートカットインスペクタ を使って位置決めする。)

    縦線にフェルマータを加える

    縦線 を選択してパレットにあるフェルマータをダブルクリックすれば、その縦線にフェルマータを直接に加えることができます。ただし、再生 には関係しません。

    キーボードショートカット

    • スタッカート (トグルスイッチです): Shift+S
    • テヌート (トグルスイッチです): Shift+N
    • スフォルツァート・アクセント(トグルスイッチです): Shift+V
    • マルカート(トグルスイッチです): Shift+O
    • 短前打音 (装飾音符): /

    キーボードショートカットは MuseScore の 環境設定 で設定できます。

    位置を調整

    アーティキュレーションや装飾をパレットから加えた直後はその記号は自動的に選択された状態になっていますから、キーボードでの次の操作で に移動できます。

    • 上下キーを押しての微調整 (1 度に 0.1 sp)、
    • Ctrl+ あるいは Ctrl+ (Mac: Cmd+ あるいは Cmd+) でより大きく上下移動(1度に 1 sp)
    • 記号よっては符頭からの上下位置を反転することができ、その記号を選択して X を押します。

    キーボードで 全方向 に移動するには:

    1. その記号をダブルクリックして 編集 モードに入りるか、
      記号をクリックして Ctrl+E (Mac: Cmd+E) を押すか、
      その記号を右クリックして "要素の編集" を選んで、
    2. 矢印キーを押して微調整 (1度に 0.1 sp); あるいは Ctrl+Arrow (Mac: Cmd+Arrow) でより大きく調整 (1度に 1 sp)

    インスペクター を使って水平位置や垂直位置のオフセットを変更することもできます。複数の記号を一度に移動するには、それら記号を選択し、インスペクターでオフセットを調整します。

    注:記号をクリックしてドラグすれば位置を変更することができますが、細かく調整するには上記の方法が良いでしょう。

    アーティキュレーションと装飾のプロパティ

    インスペクタアーティキュレーション セクションで編集ができ、次のものが含まれます。

    • 方向: 自動 / 上 / 下.
    • 場所: 譜表の上、譜表の下
    • 再生: 再生のオン・オフ
    • タイムストレッチ: フェルマータでポーズの長さを調整
    • 装飾記号のスタイル: 既定値、バロック

    ベンド のプロパティについては ベンド をご参照ください。

    スコア全体でのアーティキューレーションと装飾の設定は フォーマット…スタイル…アーティキュレーション、装飾記号 にあります。

    参照

    Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.