リハーサルマーク

Updated 1 週間 ago

    リハーサルマーク は次のように使われます。:

    • スコアの位置を特定し、リハーサルに役立てる。
    • 検索 コマンドで即座に移動するスコア上の目印
    • スコアの各セクションの目印

    リハーサルマーク には文字や数字、その組み合わせが多く使われます。A, B, C, や 1, 2, 3... といった一連の文字や数字で表されたり、小節番号を含んだりすることもあります(通常の小節番号より大きく、太文字だったり、丸や四角で囲んだりします)。長休符はリハーサルマークで中断し、その前と後ろが分かれます。

    リハーサルマークは (i) 一連に名付けるよう 自動的に、あるいは(ii) 自由に 手動で 加えることができます。

    リハーサルマークを加える

    手動で

    手動でリハーサルマークを加えるには:

    1. 対象の場所にある音符・休符をクリックし;
    2. 次のどちらかの方法を選びます:
      • Ctrl+M (Mac: Cmd+M) を押す;
      • メニューから 追加テキストリハーサルマーク を選ぶ;
    3. 望むテキストを入力します。

    自動で

    アルファベットのリハーサルマークを加える

    次のどちらかの方法を使います:

    • 対象の場所にある音符・休符を選び、"テキスト" パレット にあるリハーサルマーク [B1] をダブルクリックします。
    • "テキストt" パレットからスコアにリハーサルマーク [B1] をドラグ・アンド・ドロップします。

    : (1) リハーサルマークは A, B, C 順が規定値です。 (2) 引き続いて加えるリハーサルマークの書式を変更 (小文字や数字) にするには、前のリハーサルマークをそのように編集します。(3) 既存のリハーサルマークの間に追加したリハーサルマークは、前のマークに数字・文字が追加されます。後で、下に記載する 再順列 コマンドを適用すると良いでしょう。

    小節番号のリハーサルマークを加える
    1. アルファベット順での最初のリハーサルマークを加え; それを対象とした小節の番号と 同じに 読めるよう 編集 します。;
    2. に記載したように続くリハーサルマークを加えると、自動的に小節番号フォーマットが反映されています。

    リハーサルマークの自動再順列

    さまざまな理由で順番が狂ったリハーサルマークを、MuseScore では自動で再順列することができます。次の方法を使います。:

    1. リハーサルマークを新たな形式 (小文字/大文字/数字/小節番号選定) にしたい場合には、再順列を行う前に、対象範囲にある最初のリハーサルマークを変更しておきます。
    2. 再順列 したい対象範囲の小節を選択します。(選択しない場合には、全ての小節が選択されたものとして取り扱われます)
    3. メニューから ツールリハーサルマークを並べなおす を選びます。

    MuseScore は、選択範囲の 最初のリハーサルマーク に従って自動的に修正を行います。次の順列が適用可能です。:

    • A, B, C etc.
    • a, b, c etc.
    • 数字: 1, 2, 3 etc.
    • 小節番号の数字: これを行うには、対象範囲の最初のリハーサルマークがその小節番号と同じでなくてはなりません。

    テキストスタイル

    リハーサルマークは 段テキスト の一つで、スコア上にも各 パート 譜上にも表示されます。

    デフォルト設定では、リハーサルマークは大きな太文字で、角が丸い四角の枠で囲まれています。これら外観は、スコア全体として、リハーサルマークの テキストスタイル で変更できます。

    表示メニューとナビゲーションの 検索 をご参照ください。

    参照

    Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.