日本語版ハンドブック(MuseScore3版)

• 1月 5, 2019 - 01:44

MuseScoreのバージョンアップに伴いハンドブックも改定されました。
このトピックは翻訳に関する提案やすり合わせを行うためのものです。
※このトピックを作成した時点ではMuseScore3.0のハンドブックは正式にリンクされていません。

前バージョンのハンドブックはHideo_Tさん、shohheiさん、kimikazuさん等の多大な尽力の下、翻訳・作成されました。
また、ソフトウェア翻訳作業においてもRasukaさん、kazuma yamamotoさん、knoikeさんをはじめ多くの方にご協力いただきました。(日本語翻訳チーム等で自己紹介・交流をしてくださった方)
今後、訳語のより一層の洗練が必要になると思われますので情報の共有等、新たな視点を否定するものではありませんが協力者が可能な限り同じ方向を見て統一感のある翻訳を心掛けたいものです。
新しいバージョンでもこれまでの成果に敬意を持って踏襲しつつ、より良い翻訳ができるように努めてまいります。
このトピック再生時点でのMuseScore3ハンドブックの翻訳上の留意点は以下のとおりです。
・翻訳語の統一(項目名、音楽用語等)
・ソフトウェア上の日本語訳との統一(ただし、ソフトウェアの翻訳に誤りがある場合は提案の後両方修正する)
・メニューは日本語版表記に従う
・ブック内リンクになっている文字列は翻訳語の統一を前提として日本語に置き換える。
・ブック外リンクになっている文字列は原則的にそのままにする。Wikipediaなどリンク先で日本語版が利用可能な場合は、翻訳語の統一を前提に翻訳し、URLを日本語のサイトに置き換える。

お気づきの点などあれば、編集に直接関わっていただくか( Translating to Japanese - 日本語でコメントし、編集権限の付与を受けてください)、このフォーラムでご意見ください。

関連:

日本語版ハンドブック(MuseScore~1x)に関する協議
日本語版ソフトウェアに関する翻訳提案
(現在は翻訳フォーラムがありますが、これはフォーラムができる前から議論されているものです。これまでの経緯も含めご一読ください。)

ハンドブック(MuseScore2)本体
ハンドブック(MuseScore3)本体
※MuseScore3の翻訳を行う場合は必ず3.0 Handbook: outlineを参照しDoneの箇所から行ってください。


Comments

MuseScore3用のハンドブックは現在翻訳中です。
正式にアナウンスされるまで今しばらくお待ちください。

In reply to by Neco

Neco さん、みなさん、こんにちは
年度末の小忙しい時期もおわりましたので新しいハンドブックの和訳を始めることにし、最初に標題のページを行いました。わたしの訳は [無いよりマシ] というレベルですから、お気付きの点がございましたら適宜修正ください。

今後のみなさんの作業が重ならないよう、
1.翻訳を始める前に翻訳する項の標題、例えば「音符の入力」といった標題、を日本語に替え、
2.それから翻訳を始める
といった方法を提案します。

なお、現時点で「Tempo」の項はクリックしてもアクセスが拒否される状態である点、ご留意されますよう。

In reply to by Neco

Necoさんをはじめとするハンドブック翻訳に携わる皆さんへ。
翻訳作業、ありがとうございます。

ハンドブック3の
『言語、翻訳、拡張機能』のページで誤字と思われる箇所を
見つけたのでご報告します。

『翻訳のアップデート
翻訳≪k≫をアップデートするには』

この≪k≫の字は不要なものと思われるので削除するのが
適切だと思います。

お手数ですが、修正お願いします。

--こんにちは、中国語翻訳チームのメンバーです。よろしくお願いします。
私のパソコンに音楽用語に関する表があります。これは皆さんのためになると思います。
--ソフトウェアのインタフェースの翻訳は多くの内容がカタカナで、読みにくいので、簡略化しました。カタカナは少なめに使ってください。日本語の通訳がたくさんあるのに、使われていません。

添付 サイズ
音楽記号・表記一覧.xls 49 KB

In reply to by David Copperfield

こんにちは David さん
お知らせいただいた用語集、わたしにとってはめずらしい vivisimo といったものもあって、楽しく拝見しました。

「...カタカナは少なめに...」という点、心がけたいと思います。それに「...日本語の通訳...」の点、わたしは全く使ってませんね。わたしが高齢者だからでしょう、言葉や操作を一つ一つ確かめながら日本語訳をしています。

またご意見をお寄せください。

In reply to by David Copperfield

David Copperfieldさん,あなたの作業内容は率直に言って迷惑です.
あなたの翻訳作業結果の多くは,日本語ではありません.

> 私のパソコンに音楽用語に関する表があります。これは皆さんのためになると思います。

見ていませんが,たぶん,ためになりません.
あなたの翻訳作業結果から,それは明白です.

> ソフトウェアのインタフェースの翻訳は多くの内容がカタカナで、読みにくいので、簡略化しました。カタカナは少なめに使ってください。日本語の通訳がたくさんあるのに、使われていません。

なんでもかんでも漢字にすればよいわけではありません.漢字で短く簡略化すればよいわけでもありません.
あなたの翻訳作業結果の多くは,日本語として通じません.
あなたの翻訳作業結果よりも,過去に日本人があてたカタカナ訳語のほうが日本語として適切です.

David Copperfieldさん,可能ならば,日本語翻訳作業にもう関わらないでいただけないでしょうか.
いま,あなたが行った大量の「日本向けではない翻訳」を,何人もの日本人で直しています.

In reply to by NOIKE

もう 1点.
日本語文字セットにない文字を使わないでください.
それが直感的にわからないようであれば,あなたは日本向けの翻訳作業に向いていません.
たとえば,「記号」の「記」が「记」になっています.
ほかにもかなりの数の日本語文字ではない文字があります.はっきりいって迷惑です.

In reply to by David Copperfield

日本語の翻訳を多く編集しているようですが、
プロパティを特性としたり、フォントを字体と訳するのは不適切です。プラグインを挿件とするのはもはや中国語です。これらは日本人は使いません。
これらの語句はありとあらゆるソフトではカタカナで表記されるのが一般的であり、パソコンを使用する日本人であれば、問題なく理解できます。無理矢理漢字に置き換えると却って日本人は理解できません。

Do you still have an unanswered question? Please log in first to post your question.